1000ポイントもらえる得しかないキャンペーン

Amazonチャージで5000円以上チャージすると1000円分のポイントがもらえるぞ!

Mac

マッキントッシュ(今こんな言い方しない?)て、俺が求めてるパソコンのあり方と正反対なわけ。

俺がパソコンに求めてるのって、一言で言えば「質実剛健」

はやけりゃいい。快適であればいい。装飾はいらん。とにかく便利な道具であればいいのだ。

だったんだけど、さ。

Macて、なんかすげー楽しいんだ。

無駄にアニメーションしまくるし、フォントがやたらと綺麗だし、変なところにマウスのボタンついてるし、なんかとにかく余計なことがいっぱいあるのよ。

とにかく余計なんだけど、それがとてもキモチイイ。

ウインドウズXPの無駄アニメーションとは全然違う。

マックをためらってた最大の理由ってのが対応ソフトの少なさなんだけど、よく考えてみたら今の俺、そういうソフト要らないのよね。

実際、メールとブラウザ、スカイプ、ちょこっと優秀なテキストエディタくらいあればほとんど事足りる。あ、ATOKは要るか。パソコンに向かってる時間はものすごく多いんだけど、やってる事はものすごくシンプルなこと。「特殊」な環境に慣れすぎると、パソコンが別の物になっちゃうと不便で何にも出来なくなっちゃう。

あーなんかまた違う話を書き殴りたくなってきた。

いろんなものをウェブ上においておくと便利なのよ。インターネットさえあればどこでも自分の環境が手に入る。とか。

と、なんかマックが欲しくなった話。

いつものごとく、自分用オタクメモです。

俺による俺のための自分ログ。これが後々結構役に立つのよね。

この記事を書いた人

五藤隆介(goryugo)

愛知県在住1980年生まれ。

「仕事効率化」「ライフログ」「家族Hack」「デジタル情報共有」みたいなことを書いてます。

2014年に結婚して料理を覚えて、理系の料理という本を書きました。

年に1〜2回子連れで長旅をするようになり、新しく旅行・お出かけブログも作りました。

2018年4月からはPodcastも配信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Kindle Unlimitedで読めるオススメ本

これまでにKindle Unlimitedで読んだ本の中から、確実に楽しめるオススメ本をまとめました。