Amazonチャージのプロモキャンペーンがアツい!

Amazonユーザーほぼ全員が対象の超お得キャンペーン。

プレゼン

さっきNHKでやってた自民党総裁候補の討論会?みたいなのを見てて思った。

しゃべりだけだと全然伝わらない。

表情、目線、ボディーアクション、資料(よくテレビで出てくるフリップとかテロップ)、こういうのってめちゃくちゃ効果が大きいんだということを思い知った。

番組は、総裁候補3人が椅子に座ったまま淡々と順番にしゃべっていく。まぁ、ご飯食べながらほとんど何も聞いていない状態だったんだが、それにしてもなんと味気ない。

せっかくテレビなんだからさ、ラジオじゃないんだから、ラジオでは伝えられない情報を有効に利用しないのは勿体ないですよ。(ラジオには「音だけ」っていう面白さがあるのは間違いないが)

じぶんがひととはなすときはこういうことをきちんときおつけてはなしたいとおもいますた おわり

ちょっと話ずれるが、プレゼンするときは↓こんな感じで両手を顔くらいの高さに持ってくるのがよいらしいよ。

人間は、ちょろちょろ動く物に意識が行きやすいんで、顔の周りで自分の手を動かしてやることで、聴衆の目線が自然と顔に集まるそうだ。

こんどこそおわり

この記事を書いた人

五藤隆介(goryugo)

愛知県在住1980年生まれ。

「仕事効率化」「ライフログ」「家族Hack」「デジタル情報共有」みたいなことを書いてます。

2014年に結婚して料理を覚えて、理系の料理という本を書きました。

年に1〜2回子連れで長旅をするようになり、新しく旅行・お出かけブログも作りました。

2018年4月からはPodcastも配信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします