Macショートカット覚え書き その1

未分類

Macショートカット覚え書き その1

WindowsからMacに乗り換え。Macを仕事で使えるようにするため、色々なショートカットを覚えていこうと思います。 […]

最終更新日:2010年3月19日

WindowsからMacに乗り換え。Macを仕事で使えるようにするため、色々なショートカットを覚えていこうと思います。

まずは、Winとほぼ同様の操作。今までctrlキーを押しながら使っていたものをcmdキーを押すことで出来ること。

  1. cmd+z 元に戻す
  2. cmd+A 全範囲選択
  3. cmd+x 切り取り
  4. cmd+c コピー
  5. cmd+s 保存
  6. cmd+v 貼付け
  7. cmd+q アプリ終了
  8. cmd+n 新規作成

ウインドウズでよく使っていたショートカットはctrlキー関連はこのくらい。この辺りはctrlボタンを使っているのとほぼ同じ感覚で使用できるのでスムーズ。

今までは左手小指でctrlを押しながら行っていた操作を、左手の親指でcmdキーを押して使っている。これ、ホームポジションから全く動かさなくてすむので、かえって便利かもしれない。

あとは、WinではAlt+tabでのアプリケーションの切り替えをめちゃくちゃ多用していたのだがここがちょっと今までと違う。
これが、Winだとウインドウの切り替えで、Macだとアプリの切り替えに。

Winだとctrl+Tab、Alt+Tabにそれぞれ違いがあって、タブブラウザを使ってる時なんかはこれらを色々と使い分けていたが、Macは基本的にctrl+Tabは効かない感じ。(MacでもFireFox上ではタブ切り替えが出来た。)

この辺り、色々な方法を模索していくしかないかな。

セール・特価情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類カテゴリーの記事を全部見る