Amazonチャージのプロモキャンペーンがアツい!

Amazonユーザーほぼ全員が対象の超お得キャンペーン。

さくらインターネットに emacs zsh をインストール

昔借りて放置だったさくらインターネット。シェルやemacsが少しだけわかってきたので、勉強をかねてさくらインターネットにこれらをインストール。

設定メモと、はてなスーパーpre記法 のテスト

まずはemacsインストール

サーバにログインした後

%mkdir $HOME/local/src
%cd $HOME/local/src
% cvs -d:pserver:anonymous@cvs.sv.gnu.org:/sources/emacs login
CVS password: (空パス)
% cvs -d:pserver:anonymous@cvs.sv.gnu.org:/sources/emacs co emacs
% cd emacs/
% ./configure -prefix=$HOME/local/emacs
% gmake bootstrap
% gmake
% gmake install

結構時間がかかる

その後、zshインストール

%cd ~
%wget http://www.zsh.org/pub/old/zsh-4.3.2.tar.gz
%tar xfvz ./zsh-4.3.2.tar.gz
%cd zsh-4.3.2
%./configure prefix=$HOME/local/zsh --disable-maildir-support
%make
%make install

zsh 4.3.4はインストールできず。

ちなみにこのままでは %zsh や %emacs は通らないので、PATHを通す

zshをそのまま使う予定なので、まずは emacsを立ち上げ

%local/emacs/bin/emacs

HOMEに .zshrc を作成し、以下を記入

# for emacs
export EMACS_HOME=$HOME/local/emacs
export PATH=$EMACS_HOME/bin:$PATH
# for main command
export PATH=/bin:$PATH
#エラー対策 メールチェックをオフに
export MAILCHECK=0

これでzsh emacs が普通に使える

あとはログイン時にzshが立ち上がるようにする為に

HOMEの .login に

$HOME/local/zsh/bin/zsh

これを追記して完了

あとはzshを便利に使うために漢のzshにあった.zshrcを追記した

参考

さくらインターネットにemacs,zsh,ruby,railsをインストールする

さくらインターネットのサーバに、zshとscreenとvim7入れた。

この記事を書いた人

五藤隆介(goryugo)

愛知県在住1980年生まれ。

「仕事効率化」「ライフログ」「家族Hack」「デジタル情報共有」みたいなことを書いてます。

2014年に結婚して料理を覚えて、理系の料理という本を書きました。

年に1〜2回子連れで長旅をするようになり、新しく旅行・お出かけブログも作りました。

2018年4月からはPodcastも配信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします