シゴタノ二回目を書いて思ったこと。それはそれ、オレはオレ

雑記

シゴタノ二回目を書いて思ったこと。それはそれ、オレはオレ

この記事が公開される頃、二回目の記事がシゴタノ!に掲載されているかと思います。 一回目に比べ、少し慣れました。が、未だ不 […]

最終更新日:2012年4月14日

この記事が公開される頃、二回目の記事がシゴタノ!に掲載されているかと思います。

一回目に比べ、少し慣れました。が、未だ不思議な感じが抜けません。

今のこういった感覚は、慣れると忘れてしまいそうなので、新鮮なうちに書き留めておこうと思います。

自分の場所でない所で書く不思議さ

人のブログに書く。

うまく言葉に出来ない、不思議な、新しい体験です。

思い返せば、「自分が思っていること」を、「自分の場所」以外で書いたことは今までなかった気がします。

ブログと言われるものは、2004年頃から始めていて、比較的長期間、好きなことを適当に書いたりしていましたが、やっぱり「自分の場所」なので、好きに書いているだけでした。

考えがあって、「狙って」書いたりもしますが、それはあくまでも自分のため。

別のフィールドで書くという事になると、全然違うのです。

うまく言葉になりませんが、なんだか別の自分のような感覚もあります。

完全別路線でいくよ

なんとなく、ブログの自分という人格がどこかに存在しています。(今のこれだいぶ違う)

これはまぁ、こういうキャラで行こうという自分がいて、そうなるように、意識的に、また同時に無意識に作られた「自分」です。

シゴタノ!用に書こうとすると、その「自分」だとなんか違うのです。

出てくる「自分」の部分が違う。

これが中々面白いものでして。自分のブログに書けない事がシゴタノ!だと書けたり、逆に、シゴタノ!には書けない事が自分のブログだと書けたり。

こういう文章は多分今まで書いたことがないけど、これは自分のブログだとなんかオッケーなんです。

そういうわけで、ある意味棲み分けが出来ていて、こっちはこっちだし、あっちはあっちで、どっちも同じ自分なんだけど書く事は違いますよ、ということ。

全部オレ

ま結局言いたいのは、どっちもオレだし、全部オレ。本質は一緒です。

中の人は同じなので。

ブログのオレはオレの一部で、シゴタノのオレもまたオレの一部。Twitterのオレもオレの一部で、リアルで会って話すオレもオレの一部。

いろんなオレが居ますが、いろんなオレをアピール出来て、いろんなオレを知ってもらえるかもしれないという今の状況はとても嬉しいですね、というお話。

これからもよろしくどす

まぁ、そんな感じです。

おんなじ手法が飽きるから、時にはパターンを変えてみたくなるのもまたオレです。

セール・特価情報

雑記カテゴリーの記事を全部見る