iPhoneのスクリーンショットをもっとも簡単にパソコンに転送する方法を発見した!

Apple iphone

iPhoneのスクリーンショットをもっとも簡単にパソコンに転送する方法を発見した!

iPhoneアプリのブログ記事を書いてたりすると、iPhoneのスクリーンショットをパソコンに送りたくなる機会が数限りな […]

最終更新日:2017年8月16日

iPhoneアプリのブログ記事を書いてたりすると、iPhoneのスクリーンショットをパソコンに送りたくなる機会が数限りなくあります。

そんな時に、今まで有名だったのがPastebotというアプリでした。

クリップボードのデータを自動保存してくれ、それをMacにも転送できてしまうという超絶便利ソフト。

このアプリ、すんごく人気で、Windows版のソフトPastebotMimicなんてのまで出てくるような有名なものでした。

しかし時代は変わりました。今はクラウドの時代。

クラウドをフル活用してやると、もっとすんごく簡単にiPhoneから画像の転送が出来てしまうのです。

PictShareを使うのだ!

PictShare – multiple photos uploader 1.1.1App
価格: ¥230
更新: 2011/02/04

PictShareというアプリは発売前からずっと期待していたアプリで、発売直後に使ってみたらやっぱり便利で、これスゲーこれイケてるぜカッコいいぜってニヤニヤしながら使っていました。

Pict Shareが写真共有アプリなのにビューアーとしても素晴らしすぎる

ブログ用の画像も、基本的にはFlickrにアップロードしたものを使っているので、Flickrに一括で、簡単にアップロードできるPictShareはまさに神アプリ。

しかし、問題があったのです。

パソコンに画像を送ろうとするとけっこう大変

スクリーンショットをブログに載せるときにも二通りの場合があります。

ただスクリーンショットを載せられれば満足な場合と、説明用の文字や記号などを含めた画像を使いたい場合。

ただスクリーンショットを載せる場合ならPictShareからFlickrで一発。しかし、画像加工したい場合はどうしても一度PC(Mac)にデータを送りたいのです。iPhoneで画像加工とか面倒だから嫌なのです。

そこで、今まではPastebotを使ったりして、Mac(パソコン)に画像を送ったりしていたわけです。でもこれ意外にメンドイ。Pastebotだと、クリップボードにコピーされるから、なんらかの手段で貼り付けが必要。それが嫌ならiPhoneとMacを繋いで、原始的に画像を取り込む。

まぁ100枚画像を取り込むとかだったらパソコンと繋ぐのが最高です。でも、10枚以下の微妙な枚数だとこれまたわざわざパソコンと繋いで画像を取り込んで加工するとか手数大杉メンドクサイ。

そこで再びPictShare!

PictShareを使った新しい超便利技が使えるようになったのです。

そう。Dropboxならね。

PictShareからDropboxに画像を送る

Dropboxなら勝手にパソコンに写真データが落ちてくる!

10枚くらいだとこれがとんでもなく便利!

iPhone繋がなくていいし、ていうかPictShareからアップロードすれば勝手にDropboxに画像が入る!

Dropboxは24時間常時起動させてる!あたりまえだ!

なんか心の底から感動してしまいました。

そして、このアイデアをもたらしたのは私が日本で一番好きなゲームクリエーター@RuckyGAMESさん。

DropBoxを画像の受け渡しというかアプリのスクショの受け渡しでしか使ってないので、もうDropBox入れなくてもいいんじゃねレベル。less than a minute ago via YoruFukurou

作者@itok_twitさんも驚きの便利技。

そうか、そうしたらいいのか。気付いてなかった RT @goryugo スクショを上げるときは直接Flickr。ちょっと説明加えたりしたいときはPastebot使ったりiPhone繋いで取り込んだりしてたけどラッキーさんが言ってたDropboxってアイデアがとてもすごくてすごいless than a minute ago via Hummings

すごいぜラッキーさん。カッコいいぜラッキーさん。

思う存分アイデアパクらせてもらってブログ書かせて頂きましたぜありがとう。

P.S
ひとりで寂しい夜中に文句も言わず遊んでくれるラッキーさんがこころのそこからだいすきです

参考

RuckyGames特集

セール・特価情報

iphoneカテゴリーの記事を全部見る