写真だけじゃなくてスクリーンショットもすっげーライフログになることを思い知った

ライフハック

写真だけじゃなくてスクリーンショットもすっげーライフログになることを思い知った

1000000842 Photo by goryugo 写真のライフログに目覚めてだいたい4日くらい。 気合いで全部ライ […]

最終更新日:2014年2月17日

1000000842
1000000842 Photo by goryugo

写真のライフログに目覚めてだいたい4日くらい。

気合いで全部ライフログを写真にしてみたりとかそんなこともやってみました。

ひとまず現段階の感想として、写真やっぱすげー。文字は読む必要があるけど、写真は見ればだいたいわかる。ぱっと見るだけだから、見返したりもしやすい。

そうすると楽しくなってますます写真を撮るようになる。そうすると楽しくなってますます撮った写真を見返すようになる。

どんどんライフログが極まっていく。

そして、iPhone依存症のワタクシは、まだまだ「写真」なライフログを極めていけるはずだと気がつきました。

iPhoneでスクリーンショットを撮りまくる

リアルに撮影する「写真」以外にも、スクリーンショットを撮るというのもまた、すんげー「いい感じ」なライフログになるという事に気がつきました。

iPhoneいっぱい触ってると、スクリーンショットだけで「記録」になるようなことがいっぱいあるんです。

ライフログを全部「写真」で残してみる

この記事でもちょっと載せたのですが、電話したらその画面のスクリーンショットを撮ればいい。ポモドーロしたら、その結果をスクリーンショットに残せばいい。走ったら、その画面のスクリーンショットを残せばいい。

そして、スクリーンショットもまたPictShareを使ってEvernoteにアップロードしてやれば、場所は残せないけど、撮影時間も同時に残るから、いつそれをやったかも簡単に記録出来る。

(一応、場所を残す手段として、Evernoteの純正アプリを使って「カメラロールから読み込む」ことで、その場所は残せるけど、何かとメンドクサイからたぶんやらない)

考えると結構色々「スクショ」で記録出来る

他にも、iPhoneでRSS読んでたなら、RSSリーダーの画面のスクリーンショットを撮ればいいし、ゲームずっとやってたら、ゲームのスクリーンショットを撮ればいい。

ゲームなんかだと特に、タイトルだとかなんかを残しておくよりも、スクリーンショット1枚は遙かに雄弁な記録として残せるはず。タイトルとか見るよりも、そのゲームの画面見りゃすぐ思い出せる。

文字より図形の方が遙かに認識が早いんだと思う

結局、人間が発明した「文字」っていうのは、圧倒的に後天的な能力で、直感で認識出来るものではないんだと思う。過去にも書いたけど、Twitterを見てると毎回思うのが、IDを読むより圧倒的に素早く、アイコンを見て相手を認識しているという事。

電話した、ってメモしておくより、こっちの画像見た方が断然早い。(名前は隠してある)

1000000748
1000000748 Photo by goryugo

スクショだと文字認識の精度も高い

そしてもう一つ、これまた便利なのが、Evernoteは画像内の文字も検索出来るっていう事。

もちろん、画像検索は全然完璧じゃないけれども、手書き文字と比べると「機械が書いた文字」ってのは圧倒的に認識精度が高い。

しかも、領収書がめちゃめちゃ情報量が多いように、スクリーンショットも結構情報量が多い。

電話の履歴のスクリーンショットを撮れば、何時から何分間通話したかもわかる。電話番号とかメアドもわかる。アイコンを設定してればアイコンもわかる。

1000000841
1000000841 Photo by goryugo

RSSリーダーなら、その時読んでる記事の内容も残る。

1000000843
1000000843 Photo by goryugo

ゲームは、画面見ればどんなゲームかすぐわかる。

1000000845
1000000845 Photo by goryugo

ほかにも、もっと色々記録できることがありそうで、なにかと「ラク」していっぱい記録出来そうだなぁと考えております。

だいたい画像でイイと思った

そんなわけで「ライフログ」なものは、写真に限らずだいたい画像にして残しておこうかな、と考えた次第であります。

時には「文字」で補足しておかないと覚えておけないような事もあるけど、とりあえず今のところは写真を見直しながらタイトルを付けるのとか楽しいから問題なし。これで一日を振り返る事が出来てる。

残るは、思った事とか感じた事とかの、心のライフログ。こればっかりは今のところ文字(もしくは音声)でしか無理なので、Fasteverを使って文字で記録する。

全部写真にしてみるとか、そういうあふぉな実験をしてみると、けっこう色んな発見があって楽しいっす。

参考

FastEverをとことん使いまくる Evernoteの使い方第10回

領収書の写真を撮りまくる 私のEvernoteの使い方 第11回

写真なライフログとかなーーーんにも出来てなかった事を思い知ったから心を入れ替えて生きる事にする

ライフログを全部「写真」で残してみる| goryugo, addicted to Evernote

ライフハックカテゴリーの記事を全部見る