ブログを1年間続けるための方法とは【書評】いつも三日坊主のあなたが続ける人になる50の方法

ブログを1年間続けるための方法とは【書評】いつも三日坊主のあなたが続ける人になる50の方法

いつも三日坊主のあなたが続ける人になる50の方法 posted with ヨメレバ 佐々木 正悟 中経出版 2011-0 […]

最終更新日:2011年5月12日

以前参加した東京ライフハック研究会で著者 佐々木正悟氏の話を生で聞く事が出来た。

この話があまりにも面白くて面白くて、それ以来とにかく「スーパー佐々木ファン」なのである。

本書は、ヒット作「いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法」の続編的内容。「先送り」が解決したら次なる敵は「三日坊主」である。

ブログを三日坊主にしないためには

【書評ブロガーgoryugo】としては、この本を読んで生かしたいのは「ブログを三日坊主にしないこと」

一応、ブログの継続という事に関して言えば、現在のドメインに移ってから約1年。それなりに満足出来るペースで「継続」出来ている。

足りないのは「書評記事」

全然書けてないのが「書評記事」

献本御礼!とか目指すためにはもっとたくさん「書評」書かねばなのだ。

原因を考えれば、足りないのは書評の量ではなくて、読む本の絶対量。

いかに習慣に「あいのり」させるか

この「スーパー本読まないおれ」を修正するために考えたのが、タスク管理Toodledoに週一回「本を1冊読む」というタスクを追加するという技。

見事に2回で失敗orz

この方法がなぜダメだったのか。今ならわかる。

「習慣に組み込めていないから」だ。しかも「ふたつのことを同時にやろうとしている」からだ。

習慣化することは、とても難しいことですが、既に作られた習慣は協力です。むしろ、やめようと思っても、ちょっとやそっとではやめられません。


方法03 「あいのり」させる

そもそも「Toodledoを見る」という事自体が習慣化していない私が、「Toodledoに書いてあることを実践する」というまったく習慣化出来ていない方法を組み込むというのが間違っていたのだ。

宣言することにする

書評を書く、ていうかそもそも本を読むという事を今現在の私の習慣に組み込むのは難しそうだ。だから「宣言する」ことにする。

人間には常に、原稿を一致させたいという思いがあります。つまり「言った事」と「行うこと」を一致させたいという傾向があるのです。 ~中略~ また、ツイッターなどSNSを利用するのも効果があります。


方法20 宣言する

200記事【書評】を書く。週に一冊書評を書く。

出来そうな方法だけ2〜3個試す

50個方法があっても、全部真似は多分無理。

これが本書を読み終えた率直な感想。何よりも、本書にも「人間は複数のことを同時に意識出来ない」という事が書かれている。

そしてなによりも、読んだだけで済ませるのは「もっとも(・A・)イクナイ!!こと」

だったら真似出来そうなことを2〜3個だけ、自分が「続けたいこと」に取り入れる工夫をして、ブログなどで「宣言」してみると「継続」出来るんじゃないだろうか。

参考

ある程度知っているからこそ読みやすく印象に残る【書評】ライフハック心理学

3年続けろ!【書評】ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である

セール・特価情報

本カテゴリーの記事を全部見る