【レポ】サン電子に取材に行ってきたぞ!その2 サンソフトの音楽がちょー凄いぞ!

取材・イベントレポート

【レポ】サン電子に取材に行ってきたぞ!その2 サンソフトの音楽がちょー凄いぞ!

Rom Cassette Disc In SUNSOFT(初回限定CD付3枚組) posted with カエレバ ゲー […]

最終更新日:2012年4月13日

【レポ】「いっき」「アトランチスの謎」「へべれけ」「MYST」「上海」名作満載なサン電子に取材に行ってきたぞ!その1

サン電子に行ってきたぞレポ第2回。

まだまだネタはいっぱいあります。ネタが尽きるまで毎週金曜日に更新していきますよ。

今回はサンソフトの音楽について。

ゲームが「喋った」

ファミコンソフト「水戸黄門」をご存じだろうか?

このゲームがすごいのが「しゃべる」って事。ファミコンソフトが、ファミコンなのに「しゃべった」のである。(静まれ、静まれ!! この紋所が目に入らぬか、とか色々しゃべる)

「喋らせる」ために、海外の音声合成会社にデータを送って、海外からデータが返ってきて、んでちょっと気にくわないからもっかい直してもらって、っていうなんかすっげー大変なやりとりをして作り上げたらしい。

当時なので、データをメールで添付なんてそんな仕組みもなく、郵送でのデータのやりとり。

この気合いの入りっぷりがとにかく凄い。

ゲームが喋った、ってのは当時相当衝撃的な出来事だった。

「音」にこだわるサンソフト

もちろんコダワリは「声」だけではない。ファミコンソフト全般で、とにかく「音」にこだわりまくっている。

この辺りの技術的な事はあまり詳しくないので、突っ込んだ話はわからないのだが、ファミコンは基本的に「4+1音」しか同時に鳴らせない。

当時小学生の自分は、そんな事は全く知らなかったのだが、言われてみてから音楽を聴いてみると「ありえない」くらい凄い音楽がいっぱいある。

特にファミコン後期の評価が高く、改めて聞いてみたらなんかこれファミコンじゃない!

ドラムとベースを鳴らしながら、メロディーと効果音まで鳴ってる!

「へべれけ」とか「ギミック」とか、マジで凄すぎる!これ、スーパーファミコンにまったくひけを取らない凄さ。

ファミコン音源のCDが発売される

で、ふと気になったのがこの「音楽にこだわるサンソフト」って、音楽CDとか出てないよねーって事。

ナムコとか音楽CD出して、結構流行ったりしてるけど、サンソフトってそういうのないですよねー、って話をしたらなんと「もうすぐ出るんですよ!」とのこと。

なにこの奇跡的偶然!ていうかもうこれ必然!

レトロ音源がちょー大好きなレーベル「クラリスディスク」ってところからCDが発売されるらしい。

発売日は6/29。

もうすぐだ!なんたる偶然!ていうかもうこれ必然!

そしてその中でも超絶凄いのが、初回盤に付いてくる「限定テープ音源」

サンソフトのゲームで見つかる「パスワード」を使って応募すると、抽選で当たるという、なんかもうすごいスーパーレア音源。

既にサンソフト本社にも残ってなかったにも関わらず、本社のお墨付きをもらっての収録、って事になったらしい。

スーパー愛されサンソフト!!!ちょーすげーよ!!!

来週金曜日につづく

参考

クラリスディスク公式サイト

【レポ】「いっき」「アトランチスの謎」「へべれけ」「MYST」「上海」名作満載なサン電子に取材に行ってきたぞ!その1

セール・特価情報

取材・イベントレポートカテゴリーの記事を全部見る