Snapseed これぞタブレット用!次世代だぜ!って言える斬新なUIの画像編集アプリ

アプリ・ウェブサービス 未分類

Snapseed これぞタブレット用!次世代だぜ!って言える斬新なUIの画像編集アプリ

Snapseed for iPad 1.1.0価格: ¥600公開日: 2011/06/07バージョン: […]

最終更新日:2014年2月21日
Snapseed for iPad 1.1.0App
価格: ¥600
公開日: 2011/06/07
バージョン: 1.1.0

 

2週間くらい前にNeocijitaさんのサイトで紹介されていて、すっげー気に入ってる画像加工アプリ「Snapseed」

今まであった画像編集アプリとは全然違う「これぞiOS向けの画像編集アプリだ!」ってのを思い知らせてくれる、すんごい直感的なアプリ。

ずーっと前からこのアプリは感動してて、ようやく紹介出来てちょー嬉しいのです。

Snapseedのすごいとこ

とにかくSnapseedが凄いのは、今までとは違う操作感。

そして、今までと違うくせに、触ってみると「この方が便利」って思わせてくれる操作感。

タブレット端末にはタブレット端末用の「使いやすい操作があるんだ!」ってことを思い知らされる。

基本は縦と横

SnapSeedを触ってみると、画像編集アプリでありがちな「スライダー」みたいなのが見あたらない。

一応画面中央の下に「パラメータ」は存在してるけど、ここはただ数字を確認するだけで、使うのは画面全部。

画面全部でエフェクトのかかり具合を調整出来る

そして、上下にスワイプで変更する項目を設定出来る

エフェクトは11項目

選べるエフェクトは11項目。

1ページ目は主に「画質調整」の項目。そして、2ページ目は「かっけー写真」にする項目。

自動調整、回転、切り取り、明度や彩度やホワイトバランスなど、基本的なところはきちんと全部カバー

モノクロ、ビンテージ加工、その他色々な加工

一瞬で変化がわかる

もう一個、これすげーってのが、Compareボタン。

Compareボタンを押すと、押している間だけ、加工前の画像が表示される。

これで、エフェクトをどぎつくかけ過ぎてしまわないように、前の画像を比べながら、ちゃんといい感じになってるのか確認出来る。

ピンポイントのエフェクトも可能

さらにすごいのが、ピンポイントで特定の範囲にだけエフェクトをかける、ってことが出来る事。

Addを押した後に

好きな場所を選ぶ

これで、その範囲だけの明度、彩度が設定可能。一部だけ明度を上げることも可能

エフェクトサンプル

そのほかに選べるエフェクトをいくつか。

回転や角度の微調整ははもちろんできるし

白黒も色々と強度を設定可能

なんかビンテージ風にしたり

セピア系のエフェクトもOK

Tiltshift系の「ぼかし」を入れたりもできる

保存と共有

加工した写真は、カメラロールの保存したり、Flickr,Facebookにも投稿可能。

一発で画像を元に戻したり、加工前の画像と比較したりも出来る。

Snapseedまとめ

とにかく、画面のどこを触っても加工が出来て、サクッと加工前の画像と比較出来て、ちゃんと一通りの画像加工が出来て、それがまたすんごい直感的操作。

これぞiOS向けの画像編集アプリだぜ!ってのを痛感する。

やっぱり、タブレットは「触って操作」が出来るからこそ、なんか新しい感じがするんだよ。ここがパソコンと違う所なんだよ、ってのを思い知る画像編集アプリ。

これから、もっともっとすんごいiPad向けのアプリが出てくるんじゃないか。

Snapseedを使ってると、そんな事を心の底から期待しちゃいます。

Thx @stilo

参考

iPhone Painters Japan: SnapSeed for iPad|マルチタッチ操作で繰るスタイリッシュな画像編集アプリ【iPadアプリ】

セール・特価情報

未分類カテゴリーの記事を全部見る