ウィズダム英和辞典(と大辞林)がセールなので買ってしまった

アプリ・ウェブサービス

ウィズダム英和辞典(と大辞林)がセールなので買ってしまった

ウィズダム英和・和英辞典 3.2.1価格: ¥1,800公開日: 2008/07/11バージョン: 3.2 […]

最終更新日:2012年10月17日
ウィズダム英和・和英辞典 3.2.1App
価格: ¥1,800
公開日: 2008/07/11
バージョン: 3.2.1

 

スーパーステキ辞書「大辞林」を作ってる物書堂。その物書堂が作ってる英和・和英辞典「ウィズダム英和・和英辞典」

この両アプリが「三省堂創業130年セール」とかで安くなってる!(7/31まで)そして、両アプリともiPhone,iPadユニバーサル対応!

大辞林は2,500円→1,500円。ウィズダムは2,800円→1,800円。

初海外で生かしてやるんだ

大辞林は昔憧れて買った。なんか、iPhoneアプリならではのすっげーかっこええアプリ。

でも、正直あんま使ってない。ごくごくごくごく稀に起動するくらい。自分の生活では、国語辞典を使う機会が非常に少ない。

てなると、フツーに考えると英語辞書とかも、なんか憧れて買ってもあんまり使わない予感がする。

と、そこにネ申の声。

@goryugo 買うべき。当然。必然。less than a minute ago via YoruFukurou Favorite Retweet Reply

@goryugo ハワイ予定とウィズダムセール、必然ですwless than a minute ago via YoruFukurou Favorite Retweet Reply

そうだった!そいえばハワイーに行くんだった。海外でなら英和辞書とか使う可能性が高まるかもしれない。現地でそんなたらたら辞書引いてられるのかどうかわからんけど、言われてみると必然!

と、アップル系営業職(ボランティア)のトブさんに乗せられて買ってしまった。

これまでの電子辞書遍歴

ちなみに、今までの人生ではほとんどまともに「電子辞書」というのを使ったことがない。

高校まではまだまだ電子辞書が普及していなかったし、大学に行ったら英語はほとんど勉強する機会なくて、ごく稀に辞書を使う場合でも昔使って辞書をそのまま使ってた。

当時数万円もしてた電子辞書を買えるようなセレブな生活はしていなかったし、数万円出して電子辞書を買おうというマジメな学生はしていなかった。

大辞林は事実上初めての電子辞書だけど、まともに「検索」して使ったことは無く、パラパラとその辺の単語を眺めていただけだった。

電子辞書の検索が面白い!

で、試しにこの電子版ウィズダムをいじってみたら、なんか面白い。

電子辞書フツーに使ってる人ならフツーな出来事かもしれないし、実際にalcとかで検索してみても同じなんだけど、それでもなんかすげーって思ってしまったのが「検索」

Hawaiiで検索して見ると、まぁふつーに意味とか発音記号とか出てきて、そんで音声を再生してくれたりする。「声」が聞けるってまぁすごいけど、べつに「ふーん」てなっただけだった。

それよりも「用例」で検索して見ると、事実上ハワイになーーんにも関係ない「用例」までもが検索に引っかかってきた

「always」にHawaiiが出てきてるとか、ていうかそれが「Hawaii」での検索結果で見つけられるとか、これは紙の辞書ではほぼ確実に無かったこと。

そっかー、全文検索が出来るんなら当たり前だよなーって思いつつ、それをなんだか肌で実感した。

ていうかおれ、自分の住んでる世界の狭さを思い知った。

ブックマークとか履歴とか

もちろん「電子辞書」なメリットは他にも色々あって、単語を「ブックマーク」出来たり、検索履歴が見られたり、単語から単語への移動がタップ一つで出来たり。どれもすっげー当たり前なんだけど、深く考えるまでも無いことなんだけれども、やっぱりこういうのは「電子化ならでは」な要素なわけで、ていうか高校の頃にiPadとかあったら、べんきょーすっげー楽だったよって真剣に思う。

iPadなら辞書1冊より遙かに軽いし。

授業とか録音しとけばいいし。ていうか動画撮ってもいいかもしれないし。

あらゆるところで便利になってる

それにしてもあらゆるところで世の中便利になってるなーって実感すると共に、自分が「むかし」しか知らない分野ってまだまだいっぱいあって、そーゆーのの「すごい進化」したのを体験出来るのってすげー楽しくていいなぁと。

mp3プレーヤーは知ってたのに、車でmp3に変換してHDDに保存して音楽聞けるとか知ったときには、なんかすっげー感動したし、カラオケの「デンモク」とかも、はじめて見たときはなんかすげー感動したし、たぶんなんか他にも色々あるんだろう。

シンプルビューティー

完全に話が脱線してるけど、ウィズダムは、シンプルながらデザインもキレイで、見やすいです。やっぱ大辞林作った物書堂ブランド。

細かい配慮が色々されてるのを感じる。

あと、やっぱiPhoneよりiPadだと遙かに見やすい。

これは、なんだか勢いで「類語辞典」とかも買ってしまってもいい気がしてきた。類語辞典ならブログ書くときにも使い道ありそうだし。。。

参考

ウィズダム英和・和英辞典 3.2.1App
価格: ¥1,800
公開日: 2008/07/11
バージョン: 3.2.1

 

大辞林 2.0App
価格: ¥1,500
公開日: 2008/12/05
バージョン: 2.0

 

角川類語新辞典 1.1App
価格: ¥1,500
公開日: 2010/04/19
バージョン: 1.1

 

アプリ・ウェブサービスカテゴリーの記事を全部見る