類語辞典 インテリジェンス溢れる日本語力をあなたに 大辞林とも連携

アプリ・ウェブサービス

類語辞典 インテリジェンス溢れる日本語力をあなたに 大辞林とも連携

角川類語新辞典 1.1価格: ¥1,500公開日: 2010/04/19バージョン: 1.1   先日物書 […]

最終更新日:2012年4月20日
角川類語新辞典 1.1App
価格: ¥1,500
公開日: 2010/04/19
バージョン: 1.1

 

先日物書堂の英和辞典を買った勢いで、そのまま「類語辞典」まで買ってしまった。

この記事読んでからずーっと気になってたアプリなので、もう半年以上買うべきか悩んでいた存在だ。

勢いコワイ

類語辞典とは

類語辞典てそもそも馴染みが無い存在なんだけど、文字通り「類語」を探す辞典。

ブログとか書いてるときにでも「楽しい」とか「嬉しい」だけじゃあちょっとインテリジェンスが足りない。そんな知的な文筆家を目指すためには大変役に立つアプリ。

基本画面は「大辞林」と似た、無限に広がる言葉の海。ここからジャンルを掘り下げていくことが出来る。

そして検索

そうすると、似たような言葉と、その意味が出てくる。ふむ、理知的か。理知的なオレは理知的はわかるけど、主知的ってしらねーぞ

ふむ。これでまたしても一つインテリジェントになってしまった

他にも調べてみよう。スマートは二種類あるぞ

ここで、大辞林連携発動!ワードを長押しでメニューが出てくる

大辞林でもっと詳しく調べられる!

デジタルだからこそのメリットがありまくる

この類語辞典、とにかくちょースーパーデジタル向き。

もちろん「普通の辞書」である英和辞典とか国語辞典とかも、デジタルにすることで十分に便利になるんだけど、この手の「二段階の検索」が必要な辞書になると、もうその便利っぷりは半端ない。
(紙の類語辞典だと大抵「言葉」を索引から調べて、さらに指定されたページに存在する「類語一覧」に移動しなければならない)

さらに、大辞林を持ってれば「もっと詳しい意味」まで一発で調べられる。これまた、もし実際にこれを紙の辞書で実現するならば分厚さ2倍のとんでもないものになってしまうのが、デジタルならまったく場所とらない。

高校のときに「漢字辞典」の使い方教えられて、なにこれメンドクセーって思った苦労はどこへやら。

ブログでもっとインテリジェンスを発揮したい!そんな方にはすんごくオススメ。

1,500yen? 紙よりずっと安いっす。高いけど安い。

残るは、大辞林、英和・和英辞典に続くユニバーサル化。これが出来ればもうスーパーネ申

参考

ウィズダム英和辞典(と大辞林)がセールなので買ってしまった

感動!角川類語新辞典アプリ実演動画公開! | Find the meaning of my life.

大辞林 2.0App
価格: ¥1,500
公開日: 2008/12/05
バージョン: 2.0

 

角川類語新辞典 1.1App
価格: ¥1,500
公開日: 2010/04/19
バージョン: 1.1

 

セール・特価情報

アプリ・ウェブサービスカテゴリーの記事を全部見る