マカオでプリペイドSIMを安く使う

マカオ旅行 旅行便利グッズ・知識

マカオでプリペイドSIMを安く使う

海外旅行に行く際に欠かせないこと。データ通信用回線の確保。 マカオに行く際のデータ通信の手段についてのまとめ。 マカオC […]

最終更新日:2015年8月15日
ツイートする
ブックマークする
Evernoteへ送る
あとで読む

海外旅行に行く際に欠かせないこと。データ通信用回線の確保。

マカオに行く際のデータ通信の手段についてのまとめ。

マカオCTMショップでSIMカードを確保する

マカオで回線を確保したい場合には、使い捨てのSIMカードを入手するのが簡単。

SIMフリーの端末は必要になるが、たとえばIDEOSなんかは、端末価格も安いSIMフリーアンドロイド端末として一台持ってると便利。

今回は香港からフェリーでマカオに移動したが、到着した先のフェリー乗り場にSIMカードの自販機がある。

ここでSIMを買って、SIMフリー携帯にSIMを挿してやれば、とりあえずネット回線の確保は可能。

その中でも複数日滞在する場合に便利なのが、5日間使い放題(データ通信限定)のカード。

BEST Prepaid Card

だがしかし、上記ページに書いてある「データ通信5日間使い放題」のSIMカード(220香港ドル=2200yen程度)は、自販機を見ても置いてない。わりと色んな自販機を見て回ったけど、置いてない。

カード、というかプラン自体は今(2011年12月)でも残っているみたいだけど、自販機での取り扱いは無くなってしまった模様。

1日限定1000円でデータ通信使い放題のカードは自販機にも置いてあったが、2〜3日滞在する場合には、CTMのショップに行ってSIMカードを購入するのが安くて便利。

マカオ内にはCTMショップはわりといっぱいあるので、ホテルや空港、フェリー乗り場近くのCTMショップをあらかじめ確認しておくと良い。

CTM – Locate Us

私は、以下の住所のショップでカードを購入。

Rua Dr. Pedro José Lobo, 22 macau – Google マップ

店内はこんな感じ

プリペイド欲しいって言ったら、一番左のカウンターで買え、とのこと

英語とか中国語がよくわからんくても、このページのスクショとかを見せればだいたいなんとかなるはず。

キャンペーンが続いているぽくて、180ドル(1800円くらい)で買えた

CTMプリペイドカードの設定

カードにも説明が書いてあるんだけど、まずは利用開始のためにSIMカードのアクティベーションが必要。

CTMのこのカードは、1772にSMSを送る。

そうすると、すかさずアクティベート出来たよ、ってメールが返ってくる。

アクティベートできたらAPNの設定。「設定」の、無線とネットワークから

APNの設定をする

APN:ctmprepaid。あとは他は何もいじらなくてオッケー。

これで、一度端末を再起動してやれば、あとは問題なくネットに繋がるようになった。

もちろん、テザリングもおk。決して回線が速いわけでは無いけれど、だいたい問題なく電波は通じた。

一日約400円。国内キャリアの海外テザリングの料金を考えれば、格段に安くマカオでデータ通信が利用可能になる。

参考

「1日378円」で海外定額データ通信:海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「マカオ」編 (1/3) – ITmedia +D PC USER

マカオナビ 日本最大マカオサイト – CTMのプリペイドカード

マカオでiPhone4/iPad向けプリペイドmicroSIMカードを購入する。 – Mobile Fan blog