百均の凄さを改めて思い知った【書評】100円ショップ文具術

百均の凄さを改めて思い知った【書評】100円ショップ文具術

[整理・勉強・手帳・ノート]の100円ショップ文具術 posted with ヨメレバ 文房具朝食会,多田 健次 ダイヤ […]

最終更新日:2015年6月13日

世の中の最高の100円の使いみちは、100円ショップで電源タップを買うことである。

そんなことを@loop99先生に教えていただきましたgoryugoです。

世の中に文房具本は数あれど、100円ショップに本気で焦点を当てた本は今まで見たことがない。

そんなことを本書「100円ショップ文具術」が実現しておりますびっくり。

編集市川様より献本いただきましたありがとうございます。ちょうど最近は、本を読みたいモードがすんごく高まっているので、ありがたい限りでございます。

100均の電源タップネ申!

前置きでも書いたとおり、100円ショップで売ってる電源タップは最高です。

ダイソーで売ってるのは200円だけど…
B953b8c60c203a58b5cfbb48001567b9

これがあるだけで、家の中はもちろんのこと、外出先、特に電源が少ないホテルなんかでは神懸かった活躍を見せてくれる、すんばらしいアイテムです。

世界最高の100円の使いみちである、という言葉は、デジタル機器をたくさん持ち歩くガジェッターには、文字通りの意味を成す。(ダイソーのやつは200円だけど…)

本気で100円ショップを「活用」する

「安かろう悪かろう」のイメージがある100円ショップですが、上記の例のように、ここ最近の100円ショップは、値段だけでなくクオリティ的にも100円とは思えないような商品が増えてきています。

で、この本はそんな100円ショップの「文房具」というものに焦点を当てて、100円ショップを超有効に活用してやろうという、なんか色んな意味でやたら面白い本。

自分個人の話で言えば、今現在まともに使っている文房具と言えば、ハサミとボールペンとメモ帳くらいしか思いつかないのですが、わりと文房具が好きだったものの端くれとしては、なんだかやたらとニヤニヤしながら読むことが出来ました。

そういえば1000円コーデなんてものも

100円ショップのものを上手に使うというその行為自体が、ある意味でアイデア力を発揮しまくる「遊び」に近いものがあるよなぁ。なんてことを読んでて思いました。

私の弟は100円ショップを使った千円コーデなんて遊びをしてます。

千円コーデとは:たった千円ポッキリで、どこまでオシャレに着飾れるかを競うスポーツ
勿論モデル私物一切なしのトータルコーディネート

100均すげぇって思い知る

千円コーデは本気の遊びですが、この「100円ショップ文具術」は本気の文具術。

読んでて、この人達どんだけ百均好きなんだろうってくらい、百均の色んな文房具を試してるのがわかる。

そして、この人達どんだけ工作が好きなんだろうってくらい、百均の文房具を組み合わせて楽しんでるのかわかる。

100均で、軽く通算1万円くらいは文房具に使ってるだろうな、って思わせてくれる「百均愛」

どこで売ってる、どのノートがクオリティ高いのか。こんなものまで100均で「ほぼ同じもの」が買えるのか。結構「百均愛」がないと出来ない事だと思いました。

惜しむらくは、この本が100均で売っていないこと。そして、価格が100円でないこと。

とは言え、ふつうの人は100均の文房具で15回くらいは失敗するだろうから、そういう意味では1冊買ってみるのはありかもしれない。

そんなことを思いました。

セール・特価情報

本カテゴリーの記事を全部見る