ステンレス製保温ポットが付いたメリタのコーヒーメーカーを買った

料理・食品・レシピ

ステンレス製保温ポットが付いたメリタのコーヒーメーカーを買った

Melitta アロマサーモ ステンレス posted with カエレバ Melitta (メリタ) 2006-09- […]

最終更新日:2015年11月18日

生まれて初めて「コーヒーメーカー」というやつを購入しました。

メリタのアロマサーモステンレスってやつ。最大5杯分までコーヒーを作れる商品です。

コーヒーメーカーを買おうと思ったきっかけ

ほぼ毎日、だいたい2杯くらいコーヒー飲んでます。

コーヒーの味とかそんなにわかるわけでは無いんですが、気がついたらインスタントのコーヒーは飲めなくなっておりました。

でも、わざわざ手動でドリップしてコーヒーを煎れようとまでは思えなくて、こんな感じの個装のドリップコーヒーをずーっと飲んでおりました。

でも、このタイプのコーヒーって割と高いんですよね。そして、消耗が早いから、何回も買うのもメンドイ。

だったらいっその事、コーヒーメーカーとか買っちゃえばすぐに元取れちゃうんじゃない?

で、コーヒーメーカーのこととかなーんにもわからないまま、Amazonで「コーヒーメーカー」で探してみる。

この手の「知らないもの」を買う時って、けっこうAmazonのランキングを頼りにしております。

大抵、Amazonで検索して一位で出てくるやつは、値段と質のバランスがすごくいい。少なくとも、こういう方法で買って、今までハズレを引いた事は無い。

そうやって、一番上に出てきたのがこれでした。

ステンレスの保温ポットが付いたコーヒーメーカー

ていうか、コーヒーメーカーって1万円くらいするイメージだったんだけど、意外と安いんですね。

このメリタのコーヒーメーカーも、コーヒーが冷めにくくて、さらにアイスコーヒーも作れるステンレスの保温ポットが付いて、お値段およそ4000円。

フィルターはどうやら専用の紙パックが必要みたいですが、100×3枚で1200円くらいなので、1枚4円とか、ほとんど値段気にしなくて良いレベル。

こういうのもちゃんとAmazonで送料無料で買えるのがアツイ。

まぁ詳しい機能とかは他にもいっぱいあるけど、だいたいメリタのホームページに書いてある通り。

なんかわりと高性能なコーヒーメーカーらしいです。(定価1万円)

写真で見るメリタ

で、だいたい新しいモノを買ったらいっぱい写真撮る!

実際にコーヒーメーカーが届いてから、コーヒー作るまで写真撮ってみました。

全体像はこんなん

IMG 8129

これに、コーヒー計量スプーン(コーヒー1杯に対しコーヒー豆すりきり1杯)と

IMG 8109

ほぼお試し用のコーヒーフィルター(5枚)が付いてくる

IMG 8114

上蓋あけるとフィルターとコーヒー豆入れるところ

IMG 8106

左手側は水を入れるところ

IMG 8107

入れる水の分量は、メモリが付いててわかりやすい

IMG 8108

これが、なかなかコーヒーが冷めないというステンレスボトル。2層構造になってて、容量は見た目に比べるとだいぶ小さい

IMG 8110

中は、プラスチック部分と同じ幅

IMG 8111

プラスチックフィルター底面に付いてる「しずく漏れ防止機能」

どういう仕組みかはよくわからんかった。

IMG 8112

これで、しずくが漏れないらしい

IMG 8115

てことで、実際にコーヒー煎れてみる。

コーヒー用のコーヒー豆を準備して

IMG 8116

フィルタを折り曲げてコーヒーメーカーにセット

IMG 8118

そしてコーヒー豆投入

IMG 8119

コーヒー3杯分作ってみる

IMG 8120

で、スイッチオンしてしばらくしたら湯気が出てきた。まったく写真ではわからんけど、湯気が出てきた

IMG 8121

コーヒー抽出終了

IMG 8125

あとは、ポットからコーヒー注げば完了である

IMG 8127

ちなみに、コーヒー煎れるのにどれだけ時間かかったか計測してみたら、スイッチオンから水が全部無くなるまでおよそ4分30秒(3杯分)

IMG 8122

このくらいの時間でそれなりに美味しいコーヒーが出来るのであれば、わりと満足出来そうな感じであります。

フィルターもすごい安いから、これならだいぶ日頃のコーヒー代も節約できそう。

そろそろ夏は終わるけど、こいつでアイスコーヒーも作れる、ってのも素晴らしい感じでございます。

あと、取扱説明書がちゃんとPDFでダウンロード出来るってのも、自分的に好印象。

説明書→ Melitta Japan | 家庭用 – アロマサーモ ステンレス

これくらいの製品が、4000円くらいで買えるとか、それにしても Amazonさんはステキなところですね。

セール・特価情報

料理・食品・レシピカテゴリーの記事を全部見る