Kindle Paperwhite バッテリーがゼロになるまでどのくらい使えるか実験してみた

IMG_1741.jpg
Kindle

Kindle Paperwhite バッテリーがゼロになるまでどのくらい使えるか実験してみた

カタログ上は「8週間」バッテリーがもつというKindle Paperwhite。 ただ、この条件は「ワイヤレス接続オフ、 […]

ツイートする
ブックマークする
Evernoteへ送る
あとで読む

IMG 1741

カタログ上は「8週間」バッテリーがもつというKindle Paperwhite。

ただ、この条件は「ワイヤレス接続オフ、ライトの明るさ10」で「1日30分」使用した場合での数値。

もうちょっと現実的な数字を知っておきたい、ってことで、バッテリー満タンのKindle Paperwhiteを充電せず、電池が無くなるまでどのくらい使えるのか試してみました。

使いまくったらおよそ1週間

Kindle Paperwhiteの到着が11月19日(月)

到着時にはバッテリーが半分くらいだったのでこれを100%まで充電。その後けっこうたくさん使って、11月26日(月)の夕方17時くらいにバッテリーがゼロになりました。

その間に「活字本」のダウンロードがおよそ6冊。マンガのダウンロードがおよそ6冊。

Send to KindleでKindleに送った本が3冊。

マンガ5冊読んで、活字本を3冊と半分くらい読み終える。

このくらい使っていて、丁度人にKindle見せてるときにバッテリーが空に。

バッテリーがなくなっても、画面が暗くなったりはせず、表示されてる画面をタップしても無反応になり、あー、これ電池無くなったからか、ってのがようやく理解できました。

あまり細かくバッテリーは気にせず、ちょっと読んではバックライトONにしたままその辺に置いておく、みたいな使い方。

様々な実験を兼ねて、スクリーンショットをいっぱい撮影したり、ページめくりを繰り返して実際のスピードを試してみたり、設定をあれこれいじくったり、人に見せて色々いじくってもらったりもしました。

データ通信次第でだいぶ変わる?

それなりにガッツリKindle Paperwhiteを使って、バッテリー満タンから空になるまでおよそ1週間。

カタログに書かれている数値で計算すると 1日30分x8週間 = 28時間くらい使えるはずですが、それよりもだいぶ早くバッテリーが無くなった印象。
(さすがに厳密な利用時間まで計算は出来ていません。体感的には10時間くらい?)

やはり、どのくらいバッテリーが保つのか、というのはどれだけデータ通信を利用したのかに大きく左右されそうな感じです。

なんにしても、よほどのことが無い限り「1週間くらいは問題なく使える」と言っても良さそうな印象です。

逆に、全然バッテリーがなくならないせいで、充電することをついつい忘れてしまうというのは、注意しておきたいと感じました。

とは言え、もしバッテリーが空になってしまっても、10分15分とか充電してやれば、そこから1~2時間くらいは使えるのは中々良いところです。

とりあえず、8週間電池なくならないってのはさすがに無理だけど、充電に関してはほとんど気にしなくても問題ないのではないか、というのが現段階での結論です。