国境を越えてカンボジアに行くためにアランヤプラテートの街へ行ってきた 空気が綺麗で落ち着いててものすごーく気に入った

2012-12-21-11.08.56_DxO.jpg
海外旅行・空港

国境を越えてカンボジアに行くためにアランヤプラテートの街へ行ってきた 空気が綺麗で落ち着いててものすごーく気に入った

バンコクから6時間かけて移動した国境の町アランヤプラテート。 ここがまたなんというか空はキレイで広大な空間で、わりと豪華 […]

最終更新日:2014年4月4日
ツイートする
ブックマークする
Evernoteへ送る
あとで読む

2012 12 21 11 08 56 DxO

バンコクから6時間かけて移動した国境の町アランヤプラテート。

ここがまたなんというか空はキレイで広大な空間で、わりと豪華なホテルにとても安価で宿泊出来たりと、ものすごくステキでいい感じだったのでご紹介いたします。

アランヤプラテート駅から街の中心部へ

アランヤプラテートは、なんていうか要するに「タイの田舎町」なわけですが、近代化してしまったバンコクと違い「テレビで見たようなタイ」みたいな、なんか昔の日本を思い出させてくれるような、すごくステキな雰囲気の街でした。

駅を降りた直後には、お決まりのように屋台が並んでおり、やっぱりここはタイだなぁって思ってると

2012 12 20 13 59 29 DxO

なんかものすごーく自然が広がったエリアであることを思い知らされる

2012 12 20 14 01 06 DxO

駅から街の中心部まで歩いていきます

2012 12 20 14 01 09 DxO

5分くらい歩くと、中心部が見えてきたぜ!

2012 12 20 14 02 52 DxO

そしてやっぱり人がいるところには屋台があるタイ

2012 12 20 14 05 01 DxO

この辺りがバスターミナルとかがある街の中心部(車は実質走ってなくて、観光客用のトゥクトゥクだけが並んでる)

2012 12 21 11 11 39 DxO

で、本日泊まる予定のアランマーメイドホテル

2012 12 20 14 07 35 DxO

なんか割と豪華で綺麗な感じ

2012 12 20 14 07 39 DxO

結構設備は古いけど、十分に手入れされててキレイでしかも部屋が広い。なによりも1泊850バーツという素晴らしきお値段(2300円くらい)

2012 12 20 14 14 36 DxO

日本で言うならば、昭和の高級ホテル、みたいな感じだろうか

2012 12 20 20 04 41 DxO

外国って基本ダブルベッドばっかりぽくて、ベッドはめっちゃ広くて快適

2012 12 20 14 14 53 DxO

アランヤプラテートで晩ご飯

ホテルにチェックインしたあとはカンボジアに行ってきたのですが、その前にアランヤプラテートでの晩ご飯もなんだかとてもステキだったので先にそちらを。

ホテルのすぐ近くにある(実質唯一のお店と聞いた)南国リゾート感溢れるごはん屋へ

2012 12 20 21 03 09 DxO

ここ、基本的に「屋根だけ」の開放感あるテントみたいな感じのお店で、料理食べてるんだけどキャンプしながらごはんを食べてる感じで、すごく開放感溢れる気分でごはんを食べられて幸せでした

2012 12 20 21 11 19 DxO

食べたのはジンギスカン鍋的なタイ料理。円の外周の部分で野菜を茹でつつ、中央で肉を焼きます

2012 12 20 21 16 40 DxO

やってないけど、お店ではカラオケもできるようになってました。そういえばホテルにもカラオケルームがあったけど、この地方はカラオケ人気なのかな?

2012 12 20 21 11 08 DxO

料理っていうか、なんかお店全体の雰囲気がすごーく「非日常かつ開放的」な感じがして、幸せな一時だったなー。

あと、Foursquareでチェックインしようとしたら、出てくる地域名が全部タイ語で、お店の女の子に「このお店どれ?」って聞いたら「うちのお店でもチェックインしてくれるの!うれしい!」って言ってたのがすごく印象的でした。

(実際はタイ語わからんから、一緒に行った泉さんに訳してもらったわけですが)

アランヤプラテートすごくイイ!

うまく言葉に出来ないんだけど、アランヤプラテートの街はすごく気に入ってしまいました。

自分が小学校の頃に子供会で毎年行ってたキャンプとかを思い出す感じって言ったらいいのかな。

「暑い&外での開放感」だけでキャンプを思い出してるのかもしれないけど、なんかとにかく心温まって懐かしい感じなんですよねぇ。

決して交通の便が良くない、行くのに大変な場所ではありますが、やはりそういう「行くのに大変な場所」だからこそ味わえるなにかみたいなものがこのアランヤプラテートの街にはあったような気がします。

前の記事:バンコクでものすげぇ死にそうな思いを味わったときに「指さしタイ語」に命を助けられた話 | ごりゅご.com

次の記事:アランヤプラテートから陸路で国境を越えてカンボジアに行ってきた | ごりゅご.com

参考

この記事は、ブログ観光大使プロジェクトに参加させて頂き執筆した記事です。

詳細はこちら:ブログ観光大使 公式ブログ