Evernoteの新機能ワークチャット Evernoteのノート共有がものすごく捗る

workchat.jpg
Evernote

Evernoteの新機能ワークチャット Evernoteのノート共有がものすごく捗る

先日のEvernoteカンファレンスで発表されていたEvernoteの新機能「ワークチャット」が、Mac版やらiPhon […]

最終更新日:2014年11月2日
ツイートする
ブックマークする
Evernoteへ送る
あとで読む

ワークチャット

先日のEvernoteカンファレンスで発表されていたEvernoteの新機能「ワークチャット」が、Mac版やらiPhone版やらいろんなやつに実装されました。

個人的には、今回の発表の中で一番「Evernote活用の幅が広がっていく」機能だと思ってて、実際これ、ちょっと試してみたらいろんな場面で役に立ちそうな感じです。

Evernoteの「共有」を前提にしたチャット

この「ワークチャット」というやつ、一言で言えばもうホントに「チャット」です。

Evernoteのアプリからボタンを押すとチャット画面が開いて、相手を選んでチャットが出来る
IMG 8430

そして、チャットが届いた方にはメールだったりスマホ自体の通知からチャットが届いたよ、ってことを知ることが可能
IMG 8431

MacとかAndroidもだいたい同じような感じで「チャット」が可能です。

でも、なんでいちいちEvernoteにチャットとかを付けるのか。別にチャットとかもっと便利なの一杯あるじゃん、とも考えられるんですが、ちゃんとこの「ワークチャット」は色々と考えられております。

このワークチャットというやつは、その存在それ自体によってEvernoteが便利になり、Evernoteを便利に使うためにワークチャットが役に立つ、という、Evernoteと共にあるからこそ役に立つものなのです。

ノートを共有しつつチャットする

ワークチャットの唯一にして最強によいところは、Evernoteのノートにリンクを貼りつつチャットが出来るというところ
スクリーンショット 2014 11 01 22 17 21

そして、その「リンクを貼る」のがものすごーく簡単なので、ノートやノートブックを新しく共有する際に、Evernoteのアプリだけで「これ作ったから見てねー」って連絡がすぐにできてしまう。

Evernoteで共有したいノートを開いてるところで「共有」のボタンで、ノートを共有ってところを押して
スクリーンショット 2014 11 01 23 40 00

相手を選べばそれで共有は完了。これで、ノートリンク付きの連絡がサクッと出来上がり
スクリーンショット 2014 11 01 23 39 35

編集権限とかがちょっと隠れてて見えづらいんだけど、とにかくまぁ「これ見てー」って連絡がすんごい簡単。

iPhoneでも同じように「ノートを開いてる画面で」チャットボタンを押せば、すぐにそのノートのリンクを相手に送る事が可能です。
20141101235429

ちょうどまぁ、今日偶然にもチャットが便利だったのが、インターネットの設定とかに関する話。

ホントにまぁ、偶然ワークチャット使えるようになった丁度いいタイミングで、我が家の光回線の工事(乗り換え)が行われました。

で、工事が終わって、そういえば設定用のIDとかが書かれた紙とかってオレちゃんとスキャンしてたよね?なんて感じで嫁とやりとりしてたところ、見事にその設定が書かれた紙を送ってくれて、ぼくはメンドクサイ思いをしなくても済んだのでありました
スクリーンショット 2014 11 01 23 24 07

これ、まぁ別にどっちにとっても大した手間じゃ無いんだけど、共有元からしても、とにかくこの「大した手間じゃない」からサクッと相手に伝える気になれる、ってのが良いところなんじゃ無いのかな、と。

もちろんお仕事を円滑に進めるためにも役立つ

まぁ、こういう「アレどこにあったっけ?」というアナログなファミリーっぽいやり取りに使っても便利ですが、もちろんこれは「ビジネス」でもお役に立ってくれるわけです。

連絡やコメントをノート自体に直接書き込むことなく「そのノート」に関するやりとりが出来る上に、どれに関して話をしているのか、ってこともちゃんと把握出来るし、Evernoteの共有ノートでは使いづらかった「見たよ」って連絡も、チャットを使えばきちんと解決できる。

まさに今うちの嫁が、Evernoteの共有ノートで「ノートに連絡事項を書く」みたいな感じでお仕事してたりするんですが、見事にこういう使い方に便利に使えそうなわけなのであります。

「ワークスペース」への大きな変化

まさに今回のこのワークチャットという機能は、Evernoteが「全てを記憶する」から「大切な仕事のためのワークスペース」の方向に進んでいってるなぁ、ってのを強く思う感じの機能です。

とは言えまぁ、今まで通りEvernoteを使うにあたっては別に「今まで通り」でも何も問題は無いし、「大切な仕事」だけでなく「大切な家族」のためのスペースにだって使えます。

なんにしても、色々と自分が好きなようにいい感じに使えるのがEvernoteのいいところ、ってのは変わらないかな、と。

とは言え、これは実に「いい感じの機能だなぁ」とは思います。

今まで「共有」なんて全く使わなかった人が、ちょっと使ってみるきっかけにもなるんじゃ無いのかな。

参考

Evernote活用例 使い方まとめ | ごりゅご.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です