1000ポイントもらえる得しかないキャンペーン

Amazonチャージで5000円以上チャージすると1000円分のポイントがもらえるぞ!

Evernoteで作る消耗品最安値リスト

スクリーンショット 2015 03 13 10 23 32

Amazonで買える消耗品がわりと安くていい感じだぞっていう先日書いた記事でチラっと紹介した、Evernoteで近所の最安値リストを作る、って方法。

これがなんか、記事の本筋を外れて、なんか想定以上に興味を持ってもらえたみたいなんで、これをもうちょっと詳しくご紹介したいと思います。

スーパーによって安い商品は結構違う

近所にスーパーが何軒かある中で、どこで何を買うのが一番安いのか。

こういうのって非常に地域性が高く、インターネットなんかでの情報収集にわりと不向きな内容です。

プロの人たちはこういうのをかるーく記憶してしまうわけですが、ぼくにはそういうことは完全に不可能なので、これも「記録」に頼って生きていくわけです。

値段をメモったノートと一覧表で運用

やってることはわりとシンプルで、最初の段階は近所のスーパーで買ったものの日付と値段をメモったノートを作る。
スクリーンショット 2015 03 13 10 35 17

そして、それらのノートをまとめたノート、ってのをノートリンクを使って整理する。
Aスクリーンショット 2015 03 13 10 23 32

で、この整理したノートはショートカットに置いておく。そうすると外でもわりと目的のノートを見つけやすい。

それなりの可読性と編集の手間のバランスが取りやすい

こういう情報を管理する方法はいろいろたくさんあると思いますが、Evernoteだと「まぁまぁ簡単」「まぁまぁ見やすい」「まぁまぁ取り出しやすい」一覧表を作れるってのがいいところだと思います。

また、ノートの共有が簡単なので、家族間で共有しとくと、夫がやたら高いもん買ってきて困る、なんてことも減るかもしれない。

(この一覧表は嫁が趣味で作ったやつです。ぼくはそれを主に見る係)

まぁはっきり言って、簡単とはいえそれなりに手間はかかるので、半分以上は「高いの買っちゃったって損した気分にならないようにする」というのが目的ではあります。

とは言え、こういうの、一回作っちゃったらあとはほとんど見るだけで、ほぼメンテナンスフリーで管理できるんで、一回試しに作ってみるのも面白いかもしれません。

参考

Evernote活用例 使い方まとめ | ごりゅご.com

Evernote活用10の原則 オレ用ルールのまとめ | ごりゅご.com

この記事を書いた人

五藤隆介(goryugo)

愛知県在住1980年生まれ。

「仕事効率化」「ライフログ」「家族Hack」「デジタル情報共有」みたいなことを書いてます。

2014年に結婚して料理を覚えて、理系の料理という本を書きました。

年に1〜2回子連れで長旅をするようになり、新しく旅行・お出かけブログも作りました。

2018年4月からはPodcastも配信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Kindle Unlimitedで読めるオススメ本

これまでにKindle Unlimitedで読んだ本の中から、確実に楽しめるオススメ本をまとめました。