京都市 旨辛な四川料理の店 駱駝(ラクダ)

京都

京都市 旨辛な四川料理の店 駱駝(ラクダ)

一度食べに行ったら病み付きになってしまった旨辛中華料理のお店「駱駝」(らくだ)。京都のちょっと外れの方にあるんですが、ここだけのために訪問する価値ありのお店です。

最終更新日:2016年3月17日

20150705224631

一度食べに行ったら病み付きになってしまった旨辛中華料理のお店「駱駝」(らくだ)

嫁の実家の近くにある京都のお店で、普段は中々行けないんですが、すごく気に入って嫁と共に再び食べに行ってきました。

京都造形大学から徒歩2分くらいの本格四川料理の店

駱駝は京都造形芸術大学のホントに目の前にある、わりと小さな四川料理のお店。
20150705224640

お店からちょっと奥に行ったところにも、専用駐車場が3台分用意されております。
20150705224642
20150705224621

店内はカウンター7~8席程度と、4~5人が座れるテーブル席
20150705224624

お店は決して広くはないし、その上結構いつも混雑していて順番待ちになることも多いみたいですが、とにかくその欠点を全て補って余りある美味しさ。

ランチメニューは1000円程度の「メイン」「スープ」「ライス」のセットや、1600円程度の担々麺とメイン+ご飯のセットなどが主なメニュー。

それに加え、1個110円から注文できる水餃子だとか、棒々鶏やデザートなんかも追加で注文が可能です。

豚の薄切り肉辛みソースがけが最強に美味い

今回は嫁と二人で訪問したので、以前驚異的に美味しかった「豚の薄切り肉辛みソースがけ」の1200円のランチと、辛くて病み付きになると評判の麻婆豆腐ランチ1000円の2種類をオーダー。

スープはまぁわりと普通です。
20150705224626

豚の薄切り肉辛みソースがけのランチ。ちょいと辛めで、八角の香りが効いていて、尚且つ甘みと旨味がたっぷりで、再び辛みがやってきて、また旨味がにじみ出てくる。

とにかくこの旨辛甘辛ダレが肉とご飯を食べる手を休めさせてくれません。

うちの嫁は辛いのは結構苦手なんですが、駱駝のこのメニューは「普段は食べられない辛さだけどここのだけは食べてしまう」という品。
20150705224630

そしてもう1つ注文したのが麻婆豆腐。
20150705224634

これはもうとにかく辛いです。すごく辛いです。
20150705224633

ものすごーく辛くて、汗がお皿にタレてくるレベルで辛いんだけど、それでも食べるのをやめられない。

お皿をじっくり見てみると、けっこう油も多めでギトギトに見えるんだけど、脂っこくなく美味しいからついつい全部食べてしまう。

めちゃくちゃ辛いんでご飯がもの凄い勢いで無くなってしまう、っていうのはちょっと困ったところですが、とにかくやめられない素晴らしい麻婆豆腐。

そして、せっかくなんで追加で注文したのが、これまた人気の水餃子。
20150705224635

もっちもち極厚の餃子の皮に包まれた、とんでもなく中身が大量に詰まった水餃子。

1個110円なのもいい感じだし、1個でも注文させてくれるのも素晴らしい。

食後は、辛さの中和のためにウーロン茶アイスクリームも注文しました。

これもわりとさっぱりしていていい感じでした。
20150705224638

私は2回目の訪問でしたが、やっぱこれは中々他では食べられない素晴らしき料理でした。

多分きっと、一緒に京都に帰省する度に訪問してしまうのでは無いかと思います。
20150705232153
20150705232204

店舗情報

住所:京都府京都市左京区北白川瀬ノ内町27-4
Google マップ

営業時間:

11:30~14:00(L.O)
17:30~21:00(L.O)

月曜定休

京都カテゴリーの記事を全部見る