ゴミ出ししといてって言われてゴミ袋を捨ててきたら「ゴミ出しできてない」って怒られた

生活

ゴミ出ししといてって言われてゴミ袋を捨ててきたら「ゴミ出しできてない」って怒られた

自称「よくできた夫」たちが、「手伝っている家事」としてよく挙げるのが「朝のゴミ出し」ですが、実はこのゴミ出しでの「勘違い」こそが夫婦での家事を難しくする典型的な事例の1つなのです。

男の家事 入稿時点 RGBカラー ドラッグされました

男の家事、無料公開コンテンツその2です。

今回は「自称:家事を手伝っている男性」が勘違いしがちな「ゴミ出し」という仕事について。

夫が家事を「流れ」で理解できていない

私を含め、自称「よくできた夫」たちが、「手伝っている家事」としてよく挙げるのが「朝のゴミ出し」ですよね。

出勤の際などに、(妻がまとめておいた)ゴミ袋を、ゴミ捨て場まで持っていく。

かんたんな仕事なのですが、やはり男がゴミ出しをしていると目立つのか、近所の奥様方と顔を合わせると、「いつもご苦労さまですね」とか褒められるんです。

これが意外に嬉しくて、つい家に帰るなり「ゴミ捨てやっといたよ」とか嬉しそうに報告してしまうのですが、これ、実は「妻をイラッとさせる行為」なんだとネットのQ&Aサイトで知りました。

私は、またしてもその真意を妻に聞いてみることにしました。

妻「ゴミ出ししといて!」って頼んだら、本当は

  • 準備どんな種類のゴミを、何曜日に出すのか把握しておく
  • 実行ゴミの日の前日に、ゴミ箱のゴミをまとめて袋を閉じる
  • 実行当日の朝にゴミをごみ捨て場に運ぶ
  • 後片付けゴミ箱に新しくゴミ袋をセットしておく

くらい(自主的に)やって欲しいと思っているんだよ。

それなのに、ゴミ捨て場に出すだけで、家事を手伝った気になるなど言語道断!
さらに理想を言えば、

  • 準備ゴミ箱の場所をどこにするか決める
  • 準備ゴミ袋の在庫管理

なんてことまで気を回せるようになって欲しい!

あまりにも理路整然と説明されてしまったので、その場ではグウの音も出ませんでしたが、「だったら、はじめからやって欲しいことをすべて伝えてくれよ!」と思ったのもまた事実です。

そこで、妻の助けを借りながら、妻にとっての「ゴミ出し」を、私にも分かるように書き出してみることにしました。

名付けて「五藤家のゴミ出しワークフロー」です。

こちらの図をご覧ください。

スクリーンショット 2016 06 30 08 36 03

いかに妻の認識と私の認識に差があるかが一目瞭然です。

一つ一つの作業や判断は、単純で、時間もかからず、私でもできることばかりです。

しかし、「ゴミ出し」を一連の作業(ワークフロー)として捉えられていなかった私は、妻から「ゴミ出ししといて」と頼まれても、前後の作業や判断にまで考えが及ばず、文字通り「(妻がまとめておいた)ゴミ袋をゴミ捨て場まで持っていく」ことしかできなかったのです。

これが「男の家事」を最強に難しくしている理由の一つだと思います。

分からないものは手の出しようがないのです。

ゴミ出しについては、これで仕事の全容をつかめました。

他の家事についても同じ粒度で調べられないか考えたのですが、それはあまりに妻の負担が大きく、どうにも現実的とは思えません。

っていう感じの本です

「理系の料理」に続いて、今度のテーマは「家事」です。多分、今日には書店に並んでいるのではないかと思います。

この部分は、なぜ男の家事(ていうか夫婦での家事)は難しいのか、というテーマについて、原因を考えていく部分。

実際「一人だと問題ない家事」っていうのも、夫婦で分担しようとすると、思わぬところで苦労したり、いろいろ難しかったりするんですよね。

その辺りをいろいろ考えていく部分です。

(今回も)編集者の人からは、ある程度(読みたくなる範囲で)文章公開してもいいよー、って言われているので、発売までに2〜3節分、本の内容をご紹介したいと思います。

その1はこちら。

今日の晩ごはんどうする?にはどのように答えればよいのか | ごりゅご.com

生活カテゴリーの記事を全部見る