横開きできて拡張性も高いPeakDesignのEverydaBackPack 今まで使った中で最強のバックパックの予感

image-1.jpg
カバン

横開きできて拡張性も高いPeakDesignのEverydaBackPack 今まで使った中で最強のバックパックの予感

PeakDesingのカバンが、期待していたものをはるかに上回る、なんというかとてつもなくいい感じのカバンでありまして、到着初日から嬉しくて小躍りしています。

ツイートする
ブックマークする
Evernoteへ送る
あとで読む

Image 1

人生で初めてKickstarterで出資し、その見返りとしてリュックが届きました。要するにKickstarterで買ったカバンが届きました。

このカバンがですね、実際に届いてみたら、期待していたものをはるかに上回る、なんというかとてつもなくいい感じのカバンでありまして、到着初日から嬉しくて激しく興奮していたのです。

カバンという製品ジャンルが結構好きで、Mediumにはカバン専用のパブリケーション(ブログみたいなもん)を作ったりしてるくらいにはカバンが結構好きなんですが、このカバンは今の所今までの中で文句なしに一番好きになりそうなカバンです。

View collection at Medium.com

届いた初日に、すでにTwitterで大体レビューを投稿してしまうだけでは飽き足らず、その後も無駄に家の中でカバンを背負ってみたり、袋を開け閉めしたり、その中に荷物を入れてみたりってのを寝るまでずっとやってたくらいにはすでに気に入っています。

一応このカバンは「カメラバッグ」というジャンルになるんですが、そうでなく「日常用のカバン」として実に素晴らしい感じなのです。(ていうか俺はカメラバッグとしては使わない。そんなレンズとかも持ってないし持ち歩かない)

Twitterで見るバックパックレビュー

なんていうか、言いたいことは大体すでにTwitterに書いてしまったので、それらを色々ピックアップしてご紹介したいと思います。

まずはざっとまとめた印象。

容量が20Lということでなんか勝手にもうちょっと大きいサイズを想定していたんですが、実は20Lというのはこの「拡張した時」の容量。

通常時(トップの写真の状態)での容量は「12L」で、割と小柄な女性が背負ってもさほど違和感がないくらいのサイズ。

身長154cmのうちの奥さんが背負った時にはこんな感じです。

上の写真でも出てきてるんですが、リュックのサイドと下に左右2本ずつ、合計4本の紐があって、それを使ってやることで「外部に拡張」することができるのが特徴。

サンプル写真では、背中にドローンを背負ってるものとかもありました。

サイドポケットに三脚みたいな長いものを入れても、それも紐で落下を防ぐことができます。

紐自体もシンプルにフックに巻いてあるだけなので、紐4本とフック6箇所は工夫次第でいろんな使い方ができそう。

PeakDesignの代名詞の1つがこの「簡単に取れるパーツ」

通常はカメラのストラップに使うものなんですが、下記Peakdesignの小さいカバンにも使われてたり、今回みたいにキーホルダーとして使えたり、なんか色々用途が広がってきている感じです。

ていうか、このPeakdesingの小さいカバンもめっちゃ気に入っていて、荷物少ないお出かけは100%これ使うようになりました。

ストラップの止め外しが簡単な小型バッグ PeakDesign フィールドポーチ

多彩なポケットや可変するメインポケット

そしてもう1つのこのカバンの特徴が「横開き」できることと、メインポケットが色々形を変えて収納ができること。マジックテープでくっついてるので、不要なら外すこともできます。

この両サイドのポケットは、膨らみすぎるとカバンを閉める時に引っかかるので、その点だけ注意が必要。主にケーブルとかバッテリー、ボールペンくらいの小物を入れる用かな。

また、もちろん今時のデジタルな人向けのカバンなので、パソコンを収納する場所もきちんと付いてます。

ストラップは、胸の前でフックを引っ掛けて体に安定させることもできます。この部分も、プラスチックなどではなく「金属を引っ掛けて固定する」タイプ。

形が崩れず安定してる、ってのもお気に入りの要因だったりしてます。

サイズや重さ 使ってみた感想など

大きさはこんなもんです。

縦最大38cm
幅最大25cm
奥行き最大2.5cm
重さ:1351グラム

これだけ色々機能を詰め込んで紐とか袋とかいっぱい付いてて雨対策もされていて、それなのに重さは「そんなに重くない」ってのも評価のポイントです。

もちろん一般的な袋状のシンプルなバックパックと比べると、重さは倍くらいになるんですが、それはもう目的の違いといっても良いのではないかと思います。

何よりも、数字的には1.3kgという結構な重量でありつつも、手に持ってみたり背中に背負ってみたりすると、意外なほどに軽く感じるんですよね。

少なくとも今私がメインで使ってる「Cote&Ciel Isar Rucksack」(実測値1.4~1.5kg)と比べても、圧倒的に軽く感じるんです。

旅行・出張用のPC対応バックパック Cote Ciel Isar Rucksack

これは不思議。正直なんでなんかよくわからんですが、持ちやすい、背負いやすいとかがあるのかな。

とにかくまぁ、一言で言うとすっげえいい感じのカバンで、とにかくすっげぇ気に入ってて、ちょっと久しぶりに物を買って興奮しているのです。

ちなみに、今はKickstarterでの出荷が大体終わって、公式サイトでプレオーダーを受け付けています。

通常販売だとまぁまぁいいお値段するんですが、それでもこれは今の所圧倒的に最強。

Everyday Backpack | Peak Design

むしろ今、これに加えて大きいサイズの方のバックパックも買ってもいいんじゃないかと思ってるレベルで気に入っております。

大きいサイズのバックパックは流石に買わんと思うけど、カメラくっつける「Capture」とか、小型のSlingとかトートバッグとか、色々欲しいやつはいっぱいです。

なんて言うか(レンズ沼ならぬ)PeakDesign沼にはまっていきそうですヤバイです。(すでに、ポーチ、ストラップ、ハンドストラップは買ってる。高いけど出来が良すぎて抜け出せない)