10000mAh 2.1A入出力 パススルー対応で2000円のモバイルバッテリー

iPhone用バッテリー・ケースなど

10000mAh 2.1A入出力 パススルー対応で2000円のモバイルバッテリー

旅行の際などに地味に役立つモバイルバッテリーのパススルー(バッテリーを電源に接続しながらの充電)機能。そんな機能を持った安価でハイクオリティのAukeyのバッテリーです。

最終更新日:2017年2月5日
ツイートする
ブックマークする
Evernoteへ送る
あとで読む

お値段約2000円とお手頃で、10000mAh(iPhone7に3回充電できる)と十分な容量。それでありつつまぁまぁコンパクトで持ち運びやすいモバイルバッテリーをAukeyよりサンプル提供いただきました。

Ankerバッテリー vs Aukeyバッテリー

基本的に、モバイルバッテリーとかだとAnkerの製品が値段も質もバランスがいいことが有名で、実際にAnkerの同じ容量のバッテリーは、USBの出力が1つだけで、お値段も3000円と1000円高いんですが、Aukeyのものよりもひと回りサイズが小さく、持ち運びもしやすいし、手に持った時にも収まりは良いと思います。
(Ankerの方は少し分厚い)

そういうわけで、日頃持ち歩くバッテリーとしてはAnkerの方がオススメではあるんですが、実はAnkerのバッテリーって(少なくとも今まで私が使ったものは全て)パススルー機能と呼ばれる、バッテリーを充電しつつ、同時にバッテリーからiPhoneを充電する、ってことができないんですよね。

(厳密にはパススルーは「バッテリーの充電を後回しにする機能」だけど、一晩放置で両方充電できる、というのが重要)

Ankerバッテリーを充電しているとiPhoneの充電ができない


これ、普段の外出で使う分にはほとんど違いはないんですが、旅行などでの1泊以上の長期滞在になってくると結構不便で面倒で、モバイルバッテリーに加えて「iPhoneを電源につなぐ何か」と「バッテリーを電源につなぐ何か」という余分な荷物を持っていかないといけないことになってしまいます。

まぁ、10000mAhあれば1泊くらいならそもそも電源がなくてもなんとかなる、とも言えるんですが、それはそれ。

対して、Aukeyのバッテリーは、この「パススルー充電」がちゃんとできるので、USBの端子が1個あれば、バッテリーもiPhoneもちゃんと同時に充電できます。


さらに言えば、このバッテリーにはUSB端子も2個ついてるので、iPhone以外に何かもう1つ、ついでに同時に充電もOK。

旅行で使うならパススルー機能はだいじ

自宅などで十分に電源が確保できているような環境であればパススルー機能などはあってもなくても変わりませんが、軽い1泊2泊の旅行で、ホテルなどの電源が確保しにくい環境では「USB1個あれば両方充電しながら眠れる」というのは地味ながらも結構便利な機能だったりします。

値段的にも2000円と安価だし、最近のAukeyは質感もまぁ十分悪くないと言えるレベル。(初期はかなり残念だった)

モバイルバッテリーはもはや供給過多でどれを選んでも同じような感じもしそうなんですが、旅行などでの利用を検討している場合はこのバッテリーはオススメです。

結構便利で大事な機能だと思うんだけど、商品説明には書いてないこと多いんですよねぇ。