Wunderlist終了後に代わりになるToDoアプリを探した

デジタル情報整理

Wunderlist終了後に代わりになるToDoアプリを探した

Wunderlistが「終了」することがほぼ「確定」になり「次のもの」をいくつかいろいろと試してみたので、それぞれどんな感じのものだったかご紹介したいと思います。

最終更新日:2017年5月2日

予想はしてたんですが、ついにWunderlistが「終了」することがほぼ「確定」になりました。

Microsoft、タスク管理ツール「To-Do」プレビュー公開 「Wunderlist」は終了へ – ITmedia NEWS
我が家では、家族共有の買い物リスト&家族共有の作戦会議タイムの議題リストとして大変に重宝しておりまして、これがなくなると大変困るわけなのです。

とりあえずまだしばらくはWunderlistを使い続ける予定なんですが、いざとなった時の逃げ場として、現在の要求を満たしてくれるサービスを探しているところです。

いくつかいろいろと試してみたので、それぞれどんな感じのものだったかご紹介したいと思います。

ToDoリストに欲しい機能

参考までに、今現在使ってるWunderlistの機能のうち「これは役に立ってる」っていう機能はこの辺です。

  • タスクリストの共有(買い物リストを二人で共有)
  • ある程度カスタムできる繰り返し機能(3週間おき、とかその程度)
  • タスクに「メモ」がつけられる(消耗品の購入時期や値段の記録)
  • Slackとの連携(以下の「コメント」や「新規追加」「完了」などの通知&記録が残せる)
  • タスクに「コメント」がつけられる(家族会議の「決定内容」の記述など。Slackにログとして残せる)

これらが「便利に使えるかどうか」という視点で、以下のツール(クラウドベースで共有が可能なToDoアプリ)を試してみました。

  • Apple標準のリマインダ
  • toodledo
  • Todoist
  • Anydo
  • Remember the milk

Apple標準のリマインダ

実はいきなりで意外と優秀なのがこの「標準」

そもそも過去に買い物リストを家族で共有しようとした時に最初に少し試してたんですが、基本的に「共有」「繰り返し」「メモ」は全部使えます。

細かいところでいうと「Slack連携はほぼ無理そう」「コメント機能はない」とかはあるけど、「無料で使えてほぼ全ての要望を満たしてる」という点では他と比べても全く見劣りせず。(Mac、iPhone使ってる必要はある)

悪くない、悪くはないんだけど、どうもなんというかリマインダーはこの見た目、操作感がしっくりこないんですよね。

とは言え、Wunderlistが終了した場合には、乗り換えの有力候補。

toodledo

Toodledo » Tasks, Notes, Habits, Lists & To-Dos. Get organized
過去に「GTD」に憧れてた時に使ってた、多機能、高機能を思いっきり絵に描いたような「いろんなことできるけど難しい」アプリの代表格。

アウトライン機能とか、ノート機能とか、気がついたらいろいろ機能が増えてて、ますます多機能な方向に進化しています。

ただ、すごい多機能なんだけど、だからこそわかりにくい。「買い物リスト」として複雑すぎる、ってことを考えると、我が家での利用はないかなぁ。

何よりも、多機能でありつつ英語、ということで「家族で一緒に使うツール」としては大変すぎるので無理。

また、いつからかToodledoでも「共有」はできるみたいなんですが、共有機能は有料プラン(年間$19.99)を使わないと、共有が不可能、というのも我が家ではマイナス材料。

気がついたら見た目もすごい変わってたし、自分が使ってみる分には面白そうですが、我が家のWunderlistの代わり、としては不採用確定です。

Todoist

To-Doリストとタスク管理。無料、簡単、オンラインとモバイル用: Todoist
自分の中でWunderlistが大盛り上がりしてた時期に、同じくらい盛り上がっていたのがTodoist。

「有料プランにさえすれば」ほぼ全く文句なしにミニマルでシンプルで、なおかつ必要十分な機能がついてて大変便利なんですが、無料だと結構制限は多い感じ。

Todoistは、あなたの「夢」を「目標」に変えます。(料金比較表)
Wnderlistからの乗り換え組を確保したいらしく、タスク移行ツールなども用意されてましたが、「リマインド」「コメント」「メモ」あたりが有料プラン(年間3500円)にしないと使えないので、我が家で使うなら有料プラン必須。(あらゆるところを触るたびに「これ有料」って出てくる)

どうもこのツールは基本的に「GTDツール」として使って欲しいみたいで、やたらと「タスク管理」のために使って欲しいみたいで「買い物リスト」として使おうとするには余計な親切機能が多い感じなんですよね。

二人とも有料プランでGTDツールとして使ってるなら「GTDついでに共有買い物リスト」としても十分便利に使えそうですが、基本的にタスク管理っぽいことはたすくまとかタスクシュートCloudとかに100%依存してて、自分が使うことはありえないんですよねぇ。

デザインはシンプルで好きだけど、無駄な親切は不要で、少なくとも我が家ではコストの問題を乗り越えない限りWunderlist終了後の採用はないかな、と言ったところです。

Any.do

Any.do
良くも悪くも独特の操作感を持ったクラウド系アプリ。

基本的に「グループのタスクを表示させる」みたいな機能がない(というか表示にとても手間がかかる)という点で「作戦会議」「買い物リスト」「消耗品リスト」などの明確なグループ分けをしたい我が家の用途では、まぁこれもないかな、と。

複数人での共有機能も有料プランが必要だったり「2週間おき」っていう繰り返しが無料ではできなかったりと、これも無料では普通に使えない、っていう制限が色々多いです。

Remember the milk

Remember The Milk: オンラインでTodoやタスクを管理しよう
Web2.0!!とか言ってた時代に流行ってた、元祖クラウドタスク管理アプリ。

これも気がつけば見た目やらなんやらが大きく変わっていて、過去の記憶と比べてすごくいい感じに変化していました。

ちょっと使ってみると、これが意外にいいかもしれない!

  • 二人なら無料で共有が使える
  • 繰り返しの細かい設定OK
  • タスクのメモ機能もあり
  • PCで使う場合の多彩なショートカット
  • 繰り返しタスクは「完了」してもコメントは残り続ける

Remember The Milk – Pro アカウントにアップグレード(無料との機能比較)
無料だと「スマホでの通知機能」が使えないという機能が人によっては「さすがに無理」って制限ではありますが、今現在の自分たちの使い方であれば、これも特に問題なし。

サブタスクとかいらないし、添付ファイルつけたりとかも必要なことはほぼゼロで、これも「乗り換え有力候補」にのし上がってきています。

クラウドToDoリスト機能比較表

ざっと表にまとめると、こんな感じです。

Appleリマインダー Toodledo Todoist Any.do Remember the Milk
タスクの共有 可能 有料 5人まで無料 可能 無料で二人まで
繰り返し設定 毎日、毎週(2日おき、など可能) 「毎月最終金曜日」可能。完了日、期限日での「次」の決定 「毎月最終金曜日」可能 毎日、毎週(2日おきは不可) 「毎月最終金曜日」可能
モバイル通知 あり(高度なiOS連携) なし? 有料 あり 有料
「メモ」「コメント」 メモのみ メモのみ コメント(有料) メモのみ コメントのみ(編集可)
有料プラン最低料金 なし 年$19.99 年3500円 月$2.09 年$39.99or4800円
その他 Apple製品ほぼ必須 完全英語。多機能 完全英語。独自性高い 有料でサブタスク

「メモ」と「コメント」の違いは、編集の可否及び「誰が書いたか」わかるかどうか。

改めて思うんだけど、Wunderlistがどれもこれも無料でいろんな機能提供しまくっててすごいなぁ。ていうかだからMicrosoftに飲み込まれてしまったのかなぁ。

それにしても残念だなぁ、としか言えません。

ちなみに、MicrosoftのToDoは(以前のSunriseカレンダーの時のことを踏まえると)Office365ユーザーでないと使えない&なぜか大事な部分が劣化している、という前歴を踏まえ、使う気はほぼゼロです。

一応数分間試してみたんですが、共有機能が実装されてない状態でリリースされてたので、速攻で試すのやめた&今後も使う気は無い、って状態になりました。

現在の所、Wunderlistが終了した場合はRemember the Milkに移行しようと考えています。

デジタル情報整理カテゴリーの記事を全部見る