1000ポイントもらえる得しかないキャンペーン

Amazonチャージで5000円以上チャージすると1000円分のポイントがもらえるぞ!

普通にリンクを貼ると勝手にアフィリエイトリンクにしてくれる「LinkSwitch」について話しを聞いてきた[PR]

アフィリエイトやってる会社バリューコマースが最近新しく作った機能「LinkSwitch」

新機能 マイリンク革命! 『LinkSwitch』ついに登場 | ASPのバリューコマース アフィリエイト
すっごい大雑把なことを言うと、初期設定を済ませてしまう(Javascript1行)と、以降は普通に貼ったリンクが全部アフィリエイトリンクになるという、アフィリエイトリンクを作るのがすんごい簡単になる、ブロガー的にすんごい楽な便利機能。

サービス発表時に、あーこれ楽チンやんと思って自分のブログに設定したんですが、どうもこれが色々と難しそうなイメージなのか、そもそも全然理解されてないからなのか、使ってる人がまだまだとっても少ないみたいなのです。

で、そんなLinkSwitch。一体全体どういうものなのか。どういう場面で役立つのか。

サイト運営者的に気になるところ(Google関連のこととか)も結構色々あったりして、バリューコマースに行ってお話を伺ってきました。

普通に貼ったリンクが全部アフィリエイトリンクになるLinkSwitch

LinkSwitchというのは、とにかく一言で言って「めんどくさくない」というのが良いところ。(ていうか「めんどくさいことをなくす機能」だと言える)

普通にアフィリエイトのリンクを作ろうと思ったら、バリューコマースならバリューコマースのページに

  • ログインして
  • 広告主を選んで
  • 貼りたいバナーとかテキストを見つけて来て
  • ブログに貼り付けて

ようやく「リンクを貼る」というお仕事が完了します。

ステップ数自体はさほど多くないんですが、正直これ結構めんどくさいんですよね。

LinkSwitchを設定すると、以降はもうアフィリエイトリンクなんて関係なく「ただリンクを貼る」だけで自動的に対応してるサイトへのリンクがアフィリエイトリンクに代わるようになります。

要するに、普通にブログからリンク貼るのと完全に同じ手順でアフィリエイトリンクが貼れてしまうのです。

やることは、バリューコマースにログインして、LinkSwitch用のJavascriptを取得。そのJavascript1行をブログに貼り付けてやればそれで完成。

詳しい設定方法は、バリューコマースのサイトから確認できるので、そちらを見ていただくとわかりやすいです。

『LinkSwitch』の始め方 | ASPのバリューコマース アフィリエイト

イメージとしては、GoogleAnalyticsを設置するのとほとんど同じような感じで出来上がり。

過去の普通のリンクもアフィリエイトリンクになる = とりあえず設定しとけ

でも、こんだけの話だと、たいていの人は多分とりあえず使い道がよくわからんから、めんどくさいからわざわざ設定しないわって感じになるんじゃないかと思います。

新しいアフィリエイトリンクを貼ることがあればその時に使うかもしれないけど、その時にはLinkSwitchを使うことを忘れてて、また次の機会に回される運命です。

ただ、このツールを導入すればブログの過去記事のリンクもアフィリエイトリンクに変更してくれるということを忘れてはいけません。

むかーし昔、アフィリエイトとかよくわからずにリンク貼ってただけの時代に作ったページが(バリューコマース内に広告があれば)自動でアフィリエイトリンクに代わってくれるってのは、ほぼ手間暇ゼロで収入が増える可能性があるわけで、やらないのは勿体ないと言えるレベル。

例えばバリューコマースって、Amazonのアフィリエイトも扱ってて、もし昔何も知らずAmazonにリンクを貼ってたりした場合、それが自動的にAmazonリンクに変わってくれて、手間暇ゼロで収入増の可能性が出てくるのです。(既存のAmazonアフィリエイトのリンクはちゃんとそのまま残る)

まぁ、本当は「過去記事の管理」って新しく記事書くのと同じくらい大事なので、きちんとそういうのも管理しておくべきなのは事実なんですが、それにばっかりリソースかけてられないのもまた事実。

ていうか、自分が気付いてもいなかったページからアフィリエイト収入が発生すれば、そのページに力を入れるきっかけになる、という風に考えることもできます。

とりあえずやることはブログに1行Javascript貼るだけなんで、バリューコマース使ってる人ならまぁやっといて損はないと思います。

リンク切れの心配がない&リンク貼るのがめんどくさくない

「過去記事が勝手にアフィリエイトリンクになってくれる」というのはまぁ悪くないんですが、個人的にはそれ以上にアフィリエイトが終わったやつがリンク切れになる心配がないというのが素晴らしいところ。

例えば私の場合、昔LUSHの記事とかを書いてそこから結構LUSHの石鹸とかが売れたりしました。

33歳独身男がLUSHの石鹸や洗顔にハマってスキンケアに目覚めた話 | ごりゅご.com
で、このページは過去にバリューコマースのアフィリエイトを使ってたんですが、LUSHがある日アフィリエイトやめちゃったせいで、リンクを押しても商品が買えるページに飛べなくなってしまいました。

この、アフィリエイトが終了する、って結構厄介な問題で「ただアフィリエイト収入がなくなる」ならば「あぁもったいないな」ってだけなんですが、大抵はリンク自体が機能しなくなってエラーページに飛ばされるという大変残念な状態になってしまいます。

こうなるとせっかく書いた記事が勿体無いんで仕方がなく普通のリンクを設定し直したりするんですが、これがまぁとにかくメンドくさい。

こういう「アフィリエイトがなくなった」時にも「過去記事の修正を気にしなくていい」ってのもLinkSwitchの良いところではないかと思います。

SEO(Google)的にはどうなのか

ちなみにこのLinkSwitch、仕組みとしては以下のような感じで動いているとのことです。

  • 自分のIDを入れたJavascriptコードをブログに置いとく
  • Javascriptがバリューコマース内のオートリンクに対応したURLを発見
  • そのURLをアフィリエイトリンクに置き換える

で、気になるのはこの「リンクを書き換える」という行為がSEO的に、Google評価的に大丈夫なのか、というところ。

これによってPV減ったとかは嫌なんで、その辺のところを色々バリューコマースの人に聞いてみたところ、どうもこの仕組み、海外ではすでに結構いろんな会社が導入してるみたいで、要するに「もうこういう仕組み使ってるところはたくさんある」みたいなんですよね。

Publisher | CJ Affiliate by Conversant (formerly Commission Junction)
AvantLink – Affiliate Tool Suite
VigLink — Powering Content-Driven Commerce
Industry Leader In Affiliate Marketing Solutions | Skimlinks
また、例えばアメリカのBuzzFeedはこのLinkSwitchみたいな仕組みをすでに導入してたり(例えばこの記事とかで確認できる)してるみたいだし、日本でも大手のメディアとかが導入に向けて動いてるとかって話も聞きました。。

リンクを書き換えるという行為に関しては、正直「絶対大丈夫っていう保証はない」という前提に立った話でしかないんですが、まぁ多分海外の巨大なメディアが導入してるってことはきっと問題ないし、便利な仕組みなんだろうと思います。

とりあえずバリューコマース使ってるならやっといて損はない

初期設定は長く見積もって10分くらいで終わるし、1回2回リンクを貼ればその時間分の元は取れると思います。

何よりも、AmazonとかYahooショッピングあたりがLinkSwitch対応してるので、Amazonのリンクを貼ったことがある人であればバリューコマースに今から登録してでも設定する価値はあると思います。

参考

バリューコマース

LinkSwitchを利用できるサイトはバリューコマースの管理画面から確認できます。

LinkSwitch対応プログラムについて | 管理画面ヘルプ | バリューコマース アフィリエイト

大手だと、YahooショッピングやらAmazon、じゃらん、ホットペッパーあたりは気がつかずにリンク貼ってる人も多いだろうし、今後も「とりあえずリンク貼ればアフィリエイト収入になるかも」という期待が持てるものではないかと思います。

とりあえず私は、今後リンク貼る可能性がありそうな広告主と新しく20個くらい提携しました。

この記事を書いた人

五藤隆介(goryugo)

愛知県在住1980年生まれ。

「仕事効率化」「ライフログ」「家族Hack」「デジタル情報共有」みたいなことを書いてます。

2014年に結婚して料理を覚えて、理系の料理という本を書きました。

年に1〜2回子連れで長旅をするようになり、新しく旅行・お出かけブログも作りました。

2018年4月からはPodcastも配信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Kindle Unlimitedで読めるオススメ本

これまでにKindle Unlimitedで読んだ本の中から、確実に楽しめるオススメ本をまとめました。