無料体験で最大3000ポイント

Amazonオーディブルの無料体験登録で最大3000ポイントもらえる得しかないキャンペーン中!

kindleUnlimitedで読んだ本まとめ 2018年5月

これまでに読んだkindleUnlimitedで読める本をザーッと紹介するシリーズ。

前回の分はこれ。ある程度分量溜まったら新規記事書いてます。

2017年からの読んだ本一覧

小説

福家警部補の挨拶

安定して読めるミステリー。

レビューに「古畑任三郎みたい」ってコメントがあったけど、まさにそんな感じ。

テレビで見たアレを、活字で見てる感覚がすごい近い。(というか古畑任三郎がそもそも古典ミステリーの典型なスタイルを踏襲)

主人公が「警部補の気配全くない幼く見える女性」なのに(いい意味で)古畑任三郎っぽい嫌味なキャラクターだったり、犯人がシンプルな悪人ではなかったり、全体的に色々近いものを感じる。

1冊で4話掲載。

マンガ

ちひろさん

元風俗嬢で、色々ある街の人気者の「カッコいい生き方」みたいなマンガ。

個人的に、kindleUnlimitedで見つけた解体屋ゲンに続く面白いやつ。

Unlimitedで読めるのは2巻までしかなくて、続きを買いたくなるので危険です。

2巻から、内省的なシーンも増えて来た感じ。

「いいお嫁さんになれるよなんて糞食らえだ」というフレーズは大変気に入った。

常識に惑わされるな、本当に好きなことを信じろ、ってのが基本メッセージかな。

大変オススメ。

解体屋ゲン

安定と信頼の解体屋ゲン。おっさん向けになった「こち亀」

どの話も必ずいい気分で読み終えることができるので、安心して読める。

少しずつKindle化が進んでて、新しいのが出るのを常に待ち焦がれてる感じ。

このマンガ読むためだけでもkindleUnlimitedに加入する価値はあると思います。

やれたかも委員会

1巻(というか最初の数話読んだ時のトキメキ)は天才だったけど、だんだんワンパターンに飽きて来た。

今の率直な感想は、kindleUnlimitedで読むならありかな、って感じ。

最後の話だけちょっとパターン変えて来て、これは新鮮だった。こういう変化球があればまだ飽きずに読める?

ビジネス書

1440分の使い方

@haruna1221が読んだやつ。面白そうなのでこれから読む予定。

時間は一番の貴重品、というのが根底のテーマで、それをいかに生かすか、を根拠を交えて説明してる感じ。

詳しくはPodcastでも話してます。

エンジニアのためのデザイン入門

多分きっと面白いと思うんだけど、雑誌レイアウト(テキスト化されていない)せいでiPhoneでは事実上読めず、iPhoneで読めないと読む頻度がすごく下がり、まだ全然手を出していない。

雑誌

オレンジページ

最近同じご飯ばかりで飽きたな、って時の新しいアイデア探しにはなんだかんだオレンジページが最強。

料理系アプリとか色々試したけど、この業界はまだまだ雑誌がクオリティ高いです。

気がつけば、隔週のオレンジページ発売が楽しみになって来た主夫ごりゅごです。

F1全チーム&マシン完全ガイド 2018

この手のムック本なんかも、それなりにkindleUnlimitedで読めたりもします。

F1入門にはちょうどいい。

小屋入門

小屋入門、そんな入門があるのか、って気になって雑誌の立ち読み感覚。

人生の可能性を広げる意味で、選択肢として「小屋を建てる」ということも存在する、というのを知れて、予算感や法律など、なんとなくイメージできるようになったのはよかったかな。

BikeJIN/培倶人

キャンプの話が乗ってて、バイク関係ない(免許持ってない)けどチラ見。目線がバイクになると、モノの選び方も変わって面白い。

これも立ち読み感覚。

まとめ

そろそろ量も増えてきたので、これまでに読んだ本をもとに「kindleUnlimitedのオススメ本一覧」とかも作ろうと思います。

この記事を書いた人

五藤隆介(goryugo)

「仕事効率化」「ライフログ」「家族Hack」「デジタル情報共有」みたいなことを書いてます。
年に1〜2回子連れで長旅をするようになり、新しく旅行・お出かけブログも作りました。
2018年4月からはPodcastも配信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Kindle Unlimitedで読めるオススメ本

これまでにKindle Unlimitedで読んだ本の中から、確実に楽しめるオススメ本をまとめました。