ほぼ全品10.5%還元のAmazonプライムデー攻略

金券を除く全商品がポイント還元対象になるAmazonタイムセール祭り。一番お得に使うにはどうすれば良いのかをわかりやすく解説!

iPadをもっと使いこなす

「iPadでタスク管理する方法」と「iPadで動画編集する方法」についての実践的なセミナーです。

Anker PowerCore Fusion 10000の代わりと言えるモバイルバッテリー PowerCore Fusion PD

Ankerのコンセントにさせるモバイルバッテリーが、家でも旅行でも欠かせないレベルで超役に立っています。

そんな中(日本ではApple Store限定で)、パワーアップバージョンとも言える「USB-PD対応」のコンセントにさせるモバイルバッテリーが発売され、購入しました。

すごい大雑把に言うと、このバッテリー1つで、MacBook Proの充電器とモバイルバッテリーの両方の役目を果たせるというもの。

大きさやら仕様やら、ざっとまとめてご紹介いたします。

USB-PDは30W(Mac Book Pro13は60Wアダプタ)

とりあえず気をつけないといけないのは「MacBook Proの充電器とモバイルバッテリーの両方の役目を果たせる」って書いてるんですが供給される電力量は半分です。

試してみる限り、充電してる最中に電力が電池が減っていく、なんてことは起こっていませんが、理論的には充電速度は半分になります。

旅先で、素早くMacを充電したい、という用途にはちょっと足りません。

とは言え、当然問題なく普通にMacを充電できる(さらに同時にiPhoneも充電できる)ので、旅行での快適さは圧倒的。

大きさもかなーり大きくなるんですが、それでも荷物の個数が減ることによる管理の手間が減ることは自分的には圧倒的に大きいです。

(参考までに、MacBook Proの場合、13インチは60W、15インチは80Wのアダプタが付いてきます)

また、USB-PD30Wで出力できるのは「電源に繋いでる時」の速度。(USB-Aは12W)

電源に繋いでないときは「USB-Cバッテリーモード出力は15W(5V/3A)、USB-Aバッテリーモード出力は12W(5V/2.4A)」という感じです。

この数字だと、iPadならいいけどMacBook Proは多分「ギリギリ電池減らないレベル」とかかな。

Mac Book Proのアダプタと比較

大きさはこんな感じです。

MacBook Proのアダプタは手に持ってもギリギリ手に収まるけど、Ankerのやつは無理だわ、ってくらいのサイズ間。

Anker Power core Fusionと比較

これまで愛用してたAnkerのやつ(USB-Aが2口で容量が同じ)との比較。

1個1個で比較すれば超大きいが2つが1つに減るならめちゃ小さくなったと言える

これまで私がMacを持ち出す場合は「MacBookの充電器」と「Ankerのモバイルバッテリー」の両方を持ち歩いてました。

これがAnkerのデカいバッテリー1つになれば「すごい荷物減って快適」なのは間違いない。

ただ、以下のPodcastでも話したんですが、これはやっぱり「MacBook Proの充電器を持ち歩かなくて済む」ことが大きなメリットで、逆に言えば外でパソコンの充電をしない(iPadを早く充電したいとか)ならば「大きすぎて邪魔」になるのかなぁという感想です。

あと、このバッテリーはAppleでしか買えないやつで、しかもお値段がApple仕様のため、1万円を超えるという恐ろしい価格です。

自分と同じような用途では「他では代わりが効かない素晴らしい商品」ではありますが、値段高すぎて誰にでも勧められるとは言いがたいところがちょっと悩ましいところです。

Apple公式での購入はこちらのページ(Anker PowerCore Fusion Power Delivery Battery and Charger)

この記事を書いた人

五藤隆介(goryugo)

「仕事効率化」「ライフログ」「家族Hack」「デジタル情報共有」みたいなことを書いてます。
年に1〜2回子連れで長旅をするようになり、新しく旅行・お出かけブログも作りました。
2018年4月からはPodcastも毎日配信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします