ノートを使い捨てでおしまいにしない「エバーグリーンノート」という考え方

最近、「Evergreen note」という概念を考えだしたAndy Matuschakさんのページを読んでいて、これは大変素晴らしいものだ、と感銘を受けました。

今後の「ノート作り」というものに非常に大きな影響を受けたので、何回かにわたってまとめてみようとおもいます。

Evergreen noteとはどんなものか

Evergreen noteをざっと解説すると、こういうかんじのものです。

「自分が書いた記事やノート」そのために使ったメモとかって、1回作っておしまいになってない?
これってすごい勿体無いよね?
メモやノートはもっと丁寧に、大事に育てていって、ずっと価値を持つ「エバーグリーンノート」というやつを作っていこう。
そうすれば、自分が作ったノートというのは「ずっと使える、価値あるもの」として残り続け、ナレッジワーカーとしての資産をどんどん増やしていくことができるよ。
1回書いておしまい、ってするんじゃなくて、そっちの方が良くない?

Evergreen noteというのはノートを「使い切り」のものにするのではなく「いつまでも使えるノート」を目指していこう、というのが大きなコンセプト。

それらのノートの作り方や考え方、概念などを「エバーグリーンノートを使って」まとめられたものが、下記ページです。

About these notes

この教えに従ってエバーグリーンノートを作っていくと、どんどん「使い続けられるノート」というのが増えていく理屈になります。

これは大変素晴らしいことですが、ノートの数が増えるに従い、いつか必ず「増えたノートをどうやって管理するか」という問題が発生してきます。

この「増えたノートの整理整頓をどうしようか」という時にすごく役に立つのが「Link Your Thinking(LYT)」という概念です。

もちろん「エバーグリーンノート」の方にもノートの管理の仕方だとか「いかに育てるか」みたいなことは書かれています。

どっちがいいとか悪いとかそういうのはないんですが「ノートを整理して、繋いでいく」という部分に関しては「LYT」の方がきちんと体型立ててまとめられていて、概念を理解して真似するのに参考にしやすい、という印象です。

そういう意味で、パーソナル・ナレッジ・マネージメント(PKM)というものを考えていくときには、とっかかりとしてまずはEvergreen noteというものをある程度理解すること。

それによって「ノートを大事に育てていく」ということを意識してみるのが良いのかな、と感じました。

MOCを意識するのはノートが100–500あたりになってから。それまではただノートを書いていればいい、ということをMOC考案者のNick Miloさんも書いています。

実際に自分自身のノートを見返してみても、これから話す予定の「エバーグリーンノートの元」になりそうなノートは100も見つからない感じでした。(ちゃんとノートを作ろうとするとすごく大変)

ここから何回か、ごりゅごなりの解釈を交え、できる限り丁寧に、Evergreen noteとはどういうものなのか、どうやって作ってどうやって育てていけばいいのか、というようなことをまとめていきたいと思います。今回のような内容が引き続き読みたいな、という方はぜひ下記よりニュースレター登録をお願いします。

参考

About these notes

Is LYT For Me – LYT Kit – Obsidian Publish

この記事を書いた人

五藤隆介(goryugo)

「仕事効率化」「ライフログ」「家族Hack」「デジタル情報共有」みたいなことを書いてます。
2018年4月からPodcastを毎日配信中。
ブログとPodcastの1週間分の内容をまとめた無料メルマガの配信も始めました。

iPad Workers

月額1500円で月1回のiPadオンラインセミナー
受講&iPad活用のヒントになる情報をお届けします。iPad Meetup(Zoom座談会)も開催します。
ライスワークやライフワークにiPadを活用したい人におすすめのコミュニティです。