Obsidian Publishを「デジタルガーデン」として使う

最近改めて、Obsidian Publishを使った情報公開に力を入れています。いわゆる「デジタルガーデンの公開」という感じのやつをやってみている感じです。

デジタルガーデンとは?

デジタルガーデンというやつは一体どういう概念なのか?

これは、ブログとデジタルガーデンの違いについて考えてみるとわかりやすいです。

一般的にブログというものは「今のスナップショット」を「多くの人に」向けて公開するもの。

それに対して、デジタルガーデンというのは「思考の蓄積」を「自分自身に向けて」作るもの、だと言われています。

デジタルガーデン – ナレッジスタック – Obsidian Publish

Obsidian Publishでの「デジタルガーデン」が楽しい

実はこの「Obsidian Publish」を使った「デジタルガーデン」というやつは、もう1年くらい前からなんとなく試してみていました。

そこからなんとなく放置気味になってたんですが、tadashi-aikawaさんがObsidian Publishを頻繁に更新してるのが大変楽しそうで、その影響を受けて「もう1回やるぞ」って感じになってみているところ。

今は、自分が書いてるノートの中から公開できるやつを順番に公開しているところです。

公開しようとすることで思考が整理される

改めて”公開を意識して”ノートを作ってみると、これが思っていた以上によい感じで、今のところ順調に楽しめています。

ノートを公開しようとすると、当然ながら自分専用のつもりで書いたものよりも「わかりやすくしよう」という意識が働きます。そういう意識でノートを書けば、当然それは自分にとってもわかりやすいノートになるわけです。

こうやって、積極的にノートを公開しようとすればするほど、自分が今考えていることが整理されていく感じがしています。(そもそもブログにも同じ効果はあるけど、もっと小さなレベルでそういうことが起こる)

今のところ、自分のノートのごくごく一部しか公開していないし、どういう風に作っていくのかも未定な部分が多いんですが、思っている以上に得られるものが大きそうで、色々と期待値が高まってきています。

こういうの書いてると、ブログとか書く時間なくなるやん、て思いそうだけど、うまく使えば自分が書いたノートはちゃんと「今後も使えるノート」(エバーグリーンノートになるわけで、むしろこのおかげで「書ける量が増える」はず。

最近はナレッジスタックって名前でニュースレターも書いていたり、

ブックカタリストという本について語るPodcastなどと

活動の場所が色々と広がっているからこそ、簡単に更新できて、それぞれのつながりをまとめやすい「リンク型のノート」をそのままWebで公開できることは、色々便利なことも多いはず。

もちろん「まとまった分量のもの」を書いたりする場合なんかにはブログだとよいことも多くて、単純に比較できるようなものではないんですが「自分はこんなことを考えている」というようなものを知ってもらうには、Obsidian Publishを見てもらうのが一番着飾っていない「ナマ」に近いような感覚があります。

今はObsidian Publishに、この「デジタルガーデン」に関連した「Zettelkasten」だとか「エバーグリーンノート」「Link Your Thinking」みたいな話と「自作キーボード」「薙刀式」関連のノートを色々公開しているところです。

よかったらみてみてください。

🏠HOME – ナレッジスタック – Obsidian Publish

この記事を書いた人

五藤隆介(goryugo)

「仕事効率化」「ライフログ」「家族Hack」「デジタル情報共有」みたいなことを書いてます。
2018年4月からPodcastを毎日配信中。
ブログとPodcastの1週間分の内容をまとめた無料メルマガの配信も始めました。

iPad Workers

月額1500円で月1回のiPadオンラインセミナー
受講&iPad活用のヒントになる情報をお届けします。iPad Meetup(Zoom座談会)も開催します。
ライスワークやライフワークにiPadを活用したい人におすすめのコミュニティです。