Gmailの連絡先とiPhoneの連絡先を同期させた結果など

使い方・活用例

Gmailの連絡先とiPhoneの連絡先を同期させた結果など

今回は、日本語に問題がありまくるGoogleContactsを日本人goryugoが使ってどの程度使い物になるものなのか […]

最終更新日:2016年4月20日

今回は、日本語に問題がありまくるGoogleContactsを日本人goryugoが使ってどの程度使い物になるものなのか、という話です。ですので、Google同期の設定は既に完了している前提です。

実際にやることは、ただ「連絡先を同期」にチェックを入れるだけ。ちなみに、iPhoneに入ってる連絡先は全部消えます。(最近のバージョンから、全部消えるよ?っていう警告が出るようになったようです。)

試してみて2週間ほどの結果ですが、それなりに使えないことはない、くらい。いくつかポイントをまとめてみます。現在のiPhone OS3.1.3、Gmail英語版での結果です。環境が同じでも、他の人がどうなるかは当然保証出来ませんので自己責任で。

以下、GoogleContactsはGoogleと省略。

日本語問題1 フリガナ

まず、フリガナはiPhone側から頑張って登録してやればGoogle側にGiven name (phonetic)、Family name (phonetic)という名前で保存されました。ネット見てると、時々消えるとかそういう話を目にしましたが、今のところ大丈夫です。iPhoneでの入力を頑張りさえすればなんとかなりそう。

日本語問題2 住所

iPhoneのフォーマットは

郵便番号
県名 市町村
住所続き
住所続き2

となっています。同期時に場所がずれたりします。(県名が市町村、市町村名が住所続きに入ったり)全ての欄が埋まっている場合には今のところそういった様子はなさそうです。また、場所がずれたりはしましたが、データ自体を消失したということはありませんでした。ずれてても、iPhoneからそのまま地図に表示出来たり出来なかったりで、ちょっと不安定。

住所フィールド全部埋めれば良さそうでは有りますが、人物メモとして県名市町村名とかだけ知ってる人とか、その辺りをメモっておきたいので、ちょっと面倒。

日本の住所フォーマットと、欧米の住所フォーマットの違いのせいでしょう。Google上では、欧米式で全部逆順で表示されますが、Mapクリックすれば一応問題なく場所の表示は出来ます。

問題3 グループ

無理でした。Googleで作ったグループはiPhoneには反映されませんでした。また、iPhone単独でグループの設定はできません。アプリGR Contact GRContactを使えばグループの編集ができるので、iPhone内だけでもいけるのでないか、と考えましたが、ある朝目覚めたらグループは消えていました。合掌。

その他細かい点

Google上での電話番号分類が Other(その他)になっていると、iPhoneに反映されない。メアドはOK。

ニックネーム、会社名は同期OK。誕生日も同期OK

iPhoneに同期されるのは My Contacts。iPhoneから連絡先を消去した場合でも、Google上のAll Contactsには残る。

以上、まとめると、まぁなんとか使えないことはない。グループが無いのは不便だけど、そこさえ我慢出来ればまぁなんとかやっていけます。

多少話が逸れますが、なんでこんなことしたかったのか、色々考えたことなど。

1.神アプリRefillsの影響

Refills Refillsが便利すぎて、標準のカレンダーを使う気がなくなった。カレンダーは常にGoogleカレンダーのみ。

iCalで割と気に入っていた、誕生日カレンダーを見る機会が無くなってしまった。(iCalとアドレスブックの連携機能で、これをGoogleカレンダーに反映させる術を知らない。)

Googleカレンダー→設定→オススメのカレンダーを追加 に「連絡先の誕生日と予定」というカレンダーを発見。でもこれGoogleのやつだよね。

アドレスブックとGoogleContactsは連携させてるけど、誕生日は同期してくれない、不便。両方に入力嫌だ。

だったら全部Googleにしてやんよ←イマココ

2.Picasaが安くて便利だった

iPhoto古いから顔認識使えない。顔認識楽しそうだよなー

Picasa for Mac 顔認識できるじゃん。さらにジオタグ表示もおkだ。iPhoneバンザーイ。さらにPicasa Webアルバム 20GBで 5$/year とか安いじゃん。Flickrは有料アカウント取らないと最大サイズが落とせない(はずだった)から、写真バックアップはPicasaにしよ。

なんか名前とかニックネームがGoogleContactsと連動する。そして、友達に見せたりするときには連絡先あると割と便利。

だったら全部Googleにしてやんよ←イマココ

3.そもそもGmailのコンタクトが不便

MacアドレスブックとGmailContacts連動。

姓名逆順になる。一部同期されない。Gmailで送信するとき姓名逆が鬱陶しい。不便。

だったら全部Googleにしてやんよ←イマココ

4.なんとなくOTAにあこがれた

iPhoneで連絡先の修正をしたらGoogleContactsにも反映されるんだよ。なんかかっこいいよね。MobileMeもあるけど、高いよね。
と、そんなことがありました。

現在もこの状態を維持しつつ、GoogleとMacの連絡先を同期させてます。Macのアドレスブックには姓は空白、名の欄に姓名両方はいってますが、それ以外大きな問題はありません。

長々と書きましたが、グループが無くなる、それに耐えられない場合には絶対にやるべきではありませんので、そこはご注意下さい。

ちなみに、GoogleContactsと、Macアドレスブックを出来る限りスムーズに連携させるには、以下のページが非常に参考になります。

Gmail/Google Apps: 連絡先とMacのアドレスブックを同期させる good days bad days

セール・特価情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

使い方・活用例カテゴリーの記事を全部見る