EvernoteでGTD計画はじめの一歩 現状のEgretlistの使い方&次期バージョンで広がる可能性

Evernote

EvernoteでGTD計画はじめの一歩 現状のEgretlistの使い方&次期バージョンで広がる可能性

Egretlist 1.6.2(¥350) Egretlistカテゴリ: 仕事効率化価格: ¥350iPhone、iPo […]

最終更新日:2014年5月14日
Egretlist 1.6.2(¥350)

Egretlist
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥350
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.2 以降が必要
App

次期バージョンのEgretlistはEvernote用の神GTDアプリになるかもしれない、と以前書きましたが現状でも割と便利な使い方が出来そうになってきたので、今回はちょっと固まってきたgoryugo的Egretlistの使い方(どういった内容を同期させてるか)を披露させていただこうかと思います。

(現在次期バージョンのベータテストに参加中です。ツイッターで@ancientbuho にベータやりたいって言えば、多分すぐにベータに参加させてくれると思います。メールとかツイッターの返信すぐに返ってきます。英語なんて文法なんだろうが通じればおk)

Egretlist v1.1.0での基本方針は、Evernote連携出来る、ちょっと贅沢なフィーリングのお買い物リスト。別に買い物に限った話では有りませんが、重くて不安定で使いにくい、iPhone用Evernoteを代替できる、外出用のチェックリストとして使います。GTDぽく言うなら「コンテキスト」が屋外に分類される「NextAction」を入れておくシステム。とは言ってもまぁ、あくまでも自分的にはチェックリストです。全然NextActionじゃないものも入れてますので。

なお、Egretlist、というかEvernoteには「ToDoの期限」という設定はありませんので、そういった期限付きのTodoが欲しい方には domoTodo+ domo Todo+ (sync with Google Calendar?) をおすすめします。このアプリ、日本人の方(@ytka)が作っており、もの凄くユーザーの声を聞いた神憑ったアップデートを繰り返してくれるアプリです。ここまで素早く、快適にTodo管理が行えるアプリは他にはないと思います。私はEvernote一元化計画実行中のため今は使っていませんが、このアプリはすごすぎます。

さらに余談ですが、GTDは基本的に「期限」といった概念を持ちません。EgretlistがGTDアプリを目指していることを考えると、少なくともしばらくはEgretlistに期限の設定が出来るようになることはないかと思います。
(作者に要望を出せば変わるかもしれませんが、自分は特に求めていない。それよりも別の機能を優先して欲しい)

ということで goryugoがEgretlistに入れているチェックリスト一覧です。

その1 読みたい本

本屋に行ったときに気になる本をチラ見するためのもの。メディアマーカーに登録した本のタイトルに手動でチェックリストを付けるという涙ぐましい手動作業を行って登録(MediaMarkerのRSSをBlogtrottr使ってEvernoteへ送信している。詳細は ツイッターでつぶやくだけで、URLの中身を全文自動でEvernoteにつっこむ、もっと簡単な方法を考えた を参考にどうぞ)

その2 読みたい、読んでる漫画

マンガ喫茶とかに行ったときに続きを読んだりどこまで読んだかを覚えておくためのもの。マン喫を出る時に手動でチェックリストを作るという涙ぐましい作業を行って登録。

その3 映画、DVD、ミュージシャン

同じく外で、同じく涙ぐましい手作業の賜物。

その4 近所のお店

何食べようとか悩んだときにパッと一覧できるための物。行ったお店などをある程度地域ごとに分けて徐々に登録していっているところ。お店の名前とかを書いておくだけで、結構便利。記憶の引き出しを開けるきっかけさえあれば、想像以上に人間は思い出せるものです。これを、ゼロから思い出すのは中々難しい。
自分は外食、呑み屋などが多いけど、それ以外にも大いに使い途はあるはず。

その5 いわゆる買い物リスト

いわゆるRememberTheMilk。牛乳を買い忘れないためにも、次にスーパーに行ったときに補充したいもののリストをきちんと作っておくのは重要です。目的のものが決まっていれば、無駄な時間や無駄な買い物も減らせます。とは言え、スーパー(さほど興味がない)なんかでも、たまにはぶらぶら買い物するのも気分転換だったり新しい発見があったりで、重要ではある。時と場合に応じてメリハリをつける。

その6 その他買い物リスト

食料品、消耗品でないもので、ついでがあれば買っておきたいもの。さほど数があるわけでもないので「コンテキスト」みたいな概念は不要。ざっと一覧出来れば十分。

その7 付箋紙的役割

すごーく重要だと考えていることとか、一時的にでも覚えておきたい何かがある場合には、スターを付けてすぐに参照出来るように。銀行口座にはこれだけしかお金がないぜ、っていう金額をメモっておいたり、知らない場所に出掛けるときに住所とか行き方、地図をメモっておいたり。

その8 ホントにチェックリスト

持ち歩く必要があるわけではありませんが、カバンの中にいれておくものリストだったり、週次レビューでチェックしたいことだったり、Evernoteで作ってあるチェックリストを、どうせならEgretlistでも参照出来るように作ったもの。常日頃意識しておきたいことなどもチェックリストにしてあります。

などなど。

基本的にこれらのリストは「タグベース」で管理しています。Evernote上で「保存された検索」を作っておけば、Egretlistでパッと確認することが可能です。

次期バージョンにちょっと触れておく

Egretlist Beta キャプチャ
先の話になりますが、次期バージョンでは NextActionに相当するタグ、Contextに相当するタグ、などを自分で設定できるようになります(複数可)。Contextを選ぶと、自分でContextに設定したタグの一覧が出てきます。そのタグを選択することで、コンテキスト内のToDo一覧が表示されます。これによって、iPhone版OmniFocusと同程度の、コンテキスト別、プロジェクト別などの多面的な方法でリストを閲覧すること「も」可能です。

この、「も」という事が重要で、本当の意味でコンテキストに合わせたリストの確認が出来るのです。要は、コンテキストだとかプロジェクトに設定するタグを自分で選べるので、iPhoneしかない状況で「出来ないこと」はコンテキストやプロジェクトに表示させないようにしてしまえばいいのです。

自分が感じている印象なのですが、OmniFocusでは全てのToDoにきっちり「プロジェクト」「コンテキスト」を設定しなければ上手く回らず、期限が設定してあればところ構わず警告を出し、なにか急かされる感じがしてなりません。本屋に行って明日やらなければいけないことの警告などは見たくないんです。今やらない、出来ないことは今考えない。これはストレスフリーなGTDにおいては重要な事ではないかと思います。

対してEgretlistでは、期限が設定出来ないので当然ですが警告のようなものはなにもなく、自分の好きなように、好きな範囲での「ゆるい」管理が可能です。

最後に

この記事を書きながら改めて新しいバージョンのEgretlistを色々と触っていましたが、ホントにこれいい感じです。ちょっと独特な操作感だったり、初期設定(Evernoteでのタグ付け、ノート分け含む)に手間がかかったり、取っ付きにくい部分は多々あります。しかし、触れば触るほどこれに愛着が湧いてきて、この上なく便利なGTD&買い物リストアプリになっていっている感じがします。(Egretlist単体でToDoを作るのは未だかなり面倒ですが。。)また、Goal、Rolesなども設定出来るようになっているので「一つ上からの視点で眺める事を忘れてしまう」といった事への対策もOKです。

さらに最後に小ネタですが、Egretlistのアイコンなんで鳥なんだろうって考えてましたが、これ見ると感動します。ものすごく粋なアイコンです。一発でこのアプリが好きになってしまうこと請け合いです。

ということで、Egretlistべた褒めな話でした。ただ、このアプリは本当に「合う合わない」が大きいと思いますので、用法用量をよくお確かめの上、注意してご購入ください。

あと、比較対象としてOmniFocusを悪く言っていますが、OmniFocusはフツーに「使える」アプリです。今も(ほとんどMac上だけですが)便利に使ってます。これについてはまた機会があれば何か書こうかと思います。

参考
Egretlist 1.6.2(¥350)

Egretlist
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥350
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.2 以降が必要
App

アイコンの由来
iPhone:Egretlistのアイコンの正体が判明した件

Egretlistオフィシャル
Egretlist

製作者Twitter
@ancientbuho

セール・特価情報

Evernoteカテゴリーの記事を全部見る