Read It Later vs Instapaper on iPad どっちがいいか考えた

未分類

Read It Later vs Instapaper on iPad どっちがいいか考えた

Read It LaterもiPadに対応。これは是非試してみよう、と無料版を試したらいつの間にかiTunesの残高が減 […]

最終更新日:2017年3月13日

Read It LaterもiPadに対応。これは是非試してみよう、と無料版を試したらいつの間にかiTunesの残高が減っていました。600円でなく1,200円も。。。

iPadでのInstapaperが神すぎてなんとか有効に使いたい | goryugo, addicted to Evernote

過去にはこんな事言ってますが、Read It Laterも負けじと神候補アプリなところが悩みどころです。「vs」なんて書いてますが目指すところは「両立」です。どっちにもそれなりにいい所があって、どっちにもそれなりに良くないところがある。だったらそれぞれの良い所をより有効に引き出すべきではないか!

説明が少なくてわかりにくい比較の前提知識として、以下を先に読んでいただくと便利です。
iPad:記事を自動分類、新聞風に美しくレイアウトする『Digest』に対応した『ReadIt Later 2.1』(1/2)

InstapaperとRead It Laterの比較

iPadでの有料版(Read It Laterは「Digest」機能に追加課金)に限った比較です。無料版はどの程度のことが出来るか忘れました。また、iPhone版はどっちでも大して変わらないと思います。

キャプチャでは非常に伝わりにくいけどキャプチャ

Read It LaterのDigest 機能

Read It Laterのテキストビュー 白背景もできるけど、黒背景の方が好き

Instapaper これは白背景の方が好き

見た目

テキストOnlyモード(画像込み)の美しさはどうしようもなくInstapaper。こればっかりはInstapaperには圧倒的に文句の付けようがない。主観。キャプチャではわからないけど、Read It Laterはちょっとギザギザしてます。ただし、Read It LaterにはFull ViewでWebページの中身をそのまま表示させること、また「Digest」という機能で雑誌風のオサレな感じに記事を表示させることが可能。

テキスト系、読み物としての使い方なら圧倒的にInstapaper。逆に、動画や画像をふんだんに用いた雑誌風綺麗なレイアウトならRead It Later。

読んだ記事の連携機能など

Instapaperは一応Twitterで呟いたりメールしたりする機能は付いているがどれも中途半端で役立たず。Tweetは日本語が高確率で文字化け、メールはタイトルとリンクのみで本文を送れない。

Read It Laterはめちゃめちゃ多機能。GoogleReaderでのShareやTwitter、Evernote、Digg etcetc.. とにかくShare出来るサービスはめちゃめちゃ多い。しかし、分かりにくいし使いにくい。

Instapaperは「使えない」Read It Laterは「使えなくはない」、といったところ。

その他の機能など

Instapaper アプリの設定で、特定のRSSを自動で読み込みに行かせることが可能。この機能を使えばRSSリーダー的に使うことも不可能ではない。

Read It Laterは WebViewでそのままYouTube再生が出来る。Instapaperでも出来なくはないが一手間余分にかかる。また、有料追加課金Digestを使えば、Read It Laterに送り込んだ記事をある程度自動でジャンル分けしてくれる。これを使って、動画の埋込みがある記事だけをピックアップして見ることも可能。

また、Instapaperはテキストのみ同期のはずなのに(なんとなく)同期が遅い。Read It Laterもすごく早いわけではない。Read It Laterがとりあえず記事の一覧を表示してくれるのに対して、Instapaperは記事のダウンロードが完了したらようやくタイトルの表示。これも体感速度の違いに影響を与えているのかもしれない。とはいってもこれはかなり主観。客観的データはないから、間違っている可能性は十分ある。

なお、どちらも文字化け、表示崩れがたまに起こる。Read It Laterが時々Webページを全然再現出来ていないのは頂けない。精度で言えばInstapaperの方が上だろうか?この辺りもあくまで主観なので何とも言えない。

どうやって使い分けるか考えた

InstapaperのRSS自動取り込みは有効に使うべき。なので、Instapaperは読まなくてもいいけど暇だったら読みたいブログ専用リーダーとして使う。(前回と同じ結論)

そして、Read It Laterは文字通りあとで読む、と思ったものを手動で登録。iPhone or iPadアプリ「Reeder」からは非常に快適に「Read It Later」出来る。(ReederはiPhone版、iPad版共に超絶便利アプリ。とてつもなく早くて安定している)また、Twitterクライアントも大抵「Read It Later」出来る。Instapaperには一切手動登録はしない。そうすることで、どちらに送るかと悩む必要はない。

そして、Read It Laterは時々、Instapaperは気が向いたときに起動させて、それぞれ刮目して見る。大半は下らない動画か2chまとめスレである。ハム速が好きである。痛いニュースは見ない。

もはやInstapaperはハム速リーダーである。2chまとめスレを英字新聞風の美しい画面で眺めるのはたまらない。

もはやRead It LaterはYouTubeビューアである。YouTube見るためにアプリを買ったのか、という疑念を吹き飛ばせる強い気持ちが必要である。

数日使ってみて

InstapaperとRead It Later、ウェブ上の情報を消費するのにはどちらもとても便利なアプリです。確実に動画を消費する量は増えました。また、長いからもういいやって思うような文章も、一旦Read It Laterに送る、という事を行うことで、多少なりとも読む機会が増えました。当然のごとくどちらもiPhoneアプリとも連携していますので、ちょっとした時間の暇つぶしにも最適です。iPhone4予約待ちの暇な時間にはこれらをフル活用出来ました。

どちらも600円する割と高いアプリではありますが、どちらも一つ買えばiPhone&iPadで使えるユニバーサルアプリ。

Instapaperの美しさに捨て難いものがあるものの、どちらか一つ、っていうならRead It Laterかなぁ。

参考

未分類カテゴリーの記事を全部見る