もう一度「2010年6月」の意味を考える時が来たのかもしれない

未分類

もう一度「2010年6月」の意味を考える時が来たのかもしれない

未来を見つめるには過去を振り返り、反省せねばならない。そして、反省を生かし、より良いものを目指す。 要するに2010年6 […]

最終更新日:2017年3月13日

未来を見つめるには過去を振り返り、反省せねばならない。そして、反省を生かし、より良いものを目指す。

要するに2010年6月のまとめである。タイトルはホッテントリメーカーで作ったものである。あまり深い意味はない。

最近はだんだんこういうまとめ記事が増えてきている。書きたいことが無いわけではないけど、自分が面白いと思える内容にならないのだ。

というわけで、過去に自分が書いた記事を振り返ってみる。折角だからちょっと暴露話、というか記事の裏側みたいなことも書いたりしながら振り返ってみる。

次に繋がる何かが見つかることを自分で期待する。

GoogleAnal PVランキング2010年6月

本気で役立つEvernote参考ページを紹介してみる | goryugo, addicted to Evernoteこの記事のはてな被ブックマーク数

これはもう完全に「狙った」記事。過去最高はてブ目指してやるぜ、っていうつもりで書いた。とは言え、ただのリンク集は個人的に好きじゃないから、自分の感想を出来る限りたくさん盛りこむようにした。その人の「感想」があるかないかで、興味の出方が全然違う。目指すのは常に「自分が好きそうな記事」

もちろん、これが成立したのは心からオススメしたい記事が沢山あったおかげ(これらリンク先記事はEvernoteに入れておいたのですよ。タグとか付けてなかったけど、検索で十分見つかった)。

記事を書くにあたってリンク先の記事を全部読みなおしたりしたので、軽く数時間かかった記憶がある。読みながら、カテゴリ別にわけて整理して、などとやっていたら、だいぶ頭の中がまとまったのも事実。

リンク先のEvernote記事は全て、オレオレフィルターを通り抜けた良記事だけである。

Evernoteで最近参考になった記事まとめ | goryugo, addicted to Evernoteこの記事のはてな被ブックマーク数

狙うは二匹目のドジョウ。@suito1942 さんを知ったのもこのタイミング。そして、@kazugimi インタビュー記事を読んでたら寝てもいないのに終電乗り過ごしたのもこの頃である。Skypeで話したのはめちゃめちゃ楽しかった。さらに、書いてもらったインタビュー記事を読んでたときはホント嬉しかった。

ここ1,2ヶ月はうれしい出来事がとにかく沢山あった。ほとんど全てブログのおかげだと思っている。

ちょっと本気でEvernoteの使い方を掘り下げてみる -第四回 ノートブックの中身とはじめて向けの提案 – | goryugo, addicted to Evernoteこの記事のはてな被ブックマーク数

これはかなーり真面目モード。真面目モードで書くと、ホント長いなー。この時は、ノートブックの中身だけを書くつもりだったのに(それだけで十分長い)「はじめて向けの提案」とかまで書きたくなってしまって、そのまま一気に超ロング記事。

これは、個人的な思いをたっぷり込められて満足した、割と自分もお気に入りな記事。

iPadの同期を不要にさせて、容量をあんまり気にしなくても済むようになる三種の神アプリ | goryugo, addicted to Evernoteこの記事のはてな被ブックマーク数

AirVideoに感動して、その勢いで書いた。そして、DropBox登録してくれる人がこんなにたくさんいるとは思わなかった。

DropBoxはホントいいです。iPhone版はいまいち使い途見つからないけど、iPad版のDropBoxはとにかく便利。

写真、動画、音楽以外のデータなら大体2GBあれば足りるはず。で、私はiPadで音楽は聞かないし、iPhotoから転送する写真もせいぜい数GB。

自炊データがたっぷりある人は別だけど、そうでもないなら16GB iPadで十分。

goryugo, addicted to Evernoteこの記事のはてな被ブックマーク数

ブログってこんなにトップページにアクセスあるものなの?
だれか教えてくだちい。

本気でEvernoteを使って、本気で全てを記憶する | goryugo, addicted to Evernoteこの記事のはてな被ブックマーク数

4月8日に書いた記事ですが、今でも多くの方に見て頂けているようです。

多分はじめてスーパー真面目モードで書いたEvernote記事。もの凄く時間かけて苦労して書いた記憶があるけど、いま見てみると意外に短い。この時期から比べると、ブログを書くのにも多少慣れてきたような感じがする。

具体的アイデア、方法論を書いて個人的な思いを最後にぶつけるってパターンは好きみたいですね、自分。大抵は、書いてる途中で勢いが付いてきて、深夜だってこともあってハイテンションな場合が多いです。

これも個人的お気に入り記事。「思い」を込めてますからw

参考になりすぎるEvernote活用例1 – @nori510 – | goryugo, addicted to Evernoteこの記事のはてな被ブックマーク数

@nori510に頼んで書いてもらったEvernoteの中身。ちなみに@nori510はリアル弟。身内びいきでブログの宣伝もしておきますね。

GoTo Number

全然宣伝してないけど、今もEvernoteの中身を「寄稿」してくださる方は大募集してます。Evernoteの記事に限って言えば割とアクセスありますので、是非自分のブログの宣伝に使ってください。ぼくもらくして一記事増えておおよろこびです。

iPadでのInstapaperが神すぎてなんとか有効に使いたい | goryugo, addicted to Evernoteこの記事のはてな被ブックマーク数

Instapaperの美しさは鉄板。これでiPad RatinaDisplay とか出たら多分悶絶死する。

最近iOS4にも対応して、iPhoneで使う場合でも「同期が遅すぎる問題」は多少軽減された。一回Instapaperを起動しておいて、後から見ればいい。

Fasteverがチェックボックス入力に対応して神アプリの領域を超えた | goryugo, addicted to Evernoteこの記事のはてな被ブックマーク数

間違いなく便利なアプリなんだけど、過去2,3回固まって落ちたことがある。そこは要注意。それでもとにかく便利だから今でもDockに入れてるアプリ。

Read It Later vs Instapaper on iPad どっちがいいか考えた | goryugo, addicted to Evernoteこの記事のはてな被ブックマーク数

未だにどっちがいいかはっきりした結論は出ない。iPad限定なら、Read It Laterだとは思うが、InstapaperのバージョンアップでiPhoneではInstapaperの方が便利なのかもしれない。

悩むなら両方買うべし。所詮600円。

読んだ本の主観ランキング

実は書きたかったのはこの、6月に読んだ本メモ。なんだけど、これだけがあっても自分的に全然面白いものにならなかった。でもこのメモは公開して残しておきたいから、おまけっぽく付けておく。

5冊中、3冊が電子書籍。このところ本を読むのはiPhone。iPhoneでの隙間時間読書がすごく気に入っている。

プラス思考をやめれば人生はうまくいく マイナス思考法講座
ココロ社
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 119

感想は以前書いた、ココロ社の新しい本「マイナス思考法講座」が相変わらず面白かったよ | goryugo, addicted to Evernoteにて。

幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))
東野 圭吾
集英社
売り上げランキング: 4729
おすすめ度の平均: 4.0

3 少し中途半端かな?
3 これは?
4 謎がたくさん
4 彼女が愛する男は、この世にはもういないということなのか
5 一気に読んでしまいました!!

東野圭吾は安定してハズレない。息を付く暇が無い展開で、中途半端に読み進めると睡眠不足に陥る。

志高く 孫正義正伝 完全版 (じっぴセレクト)
井上 篤夫
実業之日本社
売り上げランキング: 2285
おすすめ度の平均: 4.5

5 非常に参考になりました。
5 まるで戦国武将の立身出世の伝記を読んでいるかのようだった。
5 USTREAMで観たとおりだった!
3 行動力とセコさ
5 日本人よ!志を持て♪

iPhoneで有料版買ったらiPadで無料版が出て涙目。つい最近まで孫正義がこんなにカッコいい男だとは知らなかった。ちょっと前のUST(ソース失念)は本当にすごかった。ハゲでもカッコいい男はカッコいい。

iPhoneとツイッターは、なぜ成功したのか?
林 信行
アスペクト
売り上げランキング: 143832
おすすめ度の平均: 3.0

4 僕は良いと思っています。
5 大きな社会変化を身近に引き寄せて実感できる
3 この10年のウェブの世界を概観するにはいいけど、散漫な印象を受けた
2 ちょっとこれは…
3 昨今のITの歴史を概観する

iPhone無料キャンペーンでDLした本。ウェブで見る林信行(@nobi)記事はどれを読んでも非常に面白いが、この本はイマイチ印象に残らなかった。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 5
おすすめ度の平均: 4.0

3 ある程度、知った上での入門編
4 2006W杯の時、あの人が見てれば…
5 これはこれでいい
3 学べることが多い一冊。だが……
4 弟子

これは、、、非常に日本語が辛い。山田悠介には勝てるけど、山田悠介を思い出した。内容云々よりも、あまりの日本語の出来に驚きを隠せない。文章うまい人が書いたら100倍面白くなると思うんだけどなぁ。。。

振り返ってみて

以前からちょこちょことブログを書いたりはしていたのですが、今書いているような内容を書き始めたのは2010年初め頃から。

そして、そうなったきっかけはTwitterでした。

6月で丁度2010年も半分終了ですが、今年は凄まじく人生が変わりました。特にここ最近、とにかく嬉しい出来事が沢山ありました。さらに最近は、どんどん加速して嬉しい出来事がやってきています。これらは、ほとんど全てブログ&Twitterのおかげです。

幸運なことに、いくつかブログ記事がヒットし、そのおかげで自分のことを知ってもらえる機会が増えました。そこからはもうとにかくプラススパイラルの連鎖です。

この「嬉しい出来事起こりまくり」の世界を、是非もっと多くの人に知ってもらいたいと本気で思っています。

Twitterでは残念ながらどんな面白いことを書いてもすぐに流れてしまいます。瞬間のつながりです。これはこれで間違いなく楽しいです。しかし、ブログを書けばそこからもっと世界は広がります。

どこかに自分ともの凄く仲良くなれる人がいるかもしれません。しかし、それはお互いのことを認識できて、はじめて繋がる可能性が出てくるものです。知らない人には興味なんか湧きません。何らかのきっかけで「知らない人」から「知っている人」になって、そこで初めて相手に興味が出る可能性が出てくるのです。

より多くの人に知ってもらえれば、より仲良くなれる人に出会える可能性が高まります。何を今更という感じではありますが、その手段としてブログは今でも非常に有効だと思います。

ブログ、メンドクサイことはいっぱいですが、それを遥かに超える面白いことがあると思いますよ。(「一般人」の「日記」は誰も面白いと思わないのでお気をつけ下さい。「客観的に見て面白い」内容を目指さないと、当然誰も見向きもしてくれません。私が意識しているのは、赤の他人である自分がいたとして、その人にとって面白いと思えるのかどうか、ということ)

セール・特価情報

未分類カテゴリーの記事を全部見る