Evernoteにデータを詰め込み過ぎてハードディスクは破綻しないのか?

Evernote

Evernoteにデータを詰め込み過ぎてハードディスクは破綻しないのか?

Evernoteな小話、というかHDDだとかデータの保存量だとかそういう事について思っていることです。 Evernote […]

Evernoteな小話、というかHDDだとかデータの保存量だとかそういう事について思っていることです。

Evernoteにデータを入れまくってHDDは足りるのか

以前どなたかに「Evernoteにデータ入れまくったらハードディスク容量圧迫しすぎるんじゃない?」というような事を聞かれました。

「そんなの関係ねぇぜ」的な回答をしたのですが、もう少し詳しく私が思っていることを書きます。

プレミアムでも月500MBまでしか追加できない

デジタルデータの保存はほとんど場所を取らないし、パソコンに付いてくるHDDの容量がどんどん増えています。しかし、どんなに技術が進歩しようと、保存出来るデータ量はあくまで有限です。

Evernoteにどんどんデータを入れていったら、いつの日かHDDの容量が足りないということになるかもしれません。

しかし、Evernoteには制限があります。一ヶ月に500MBまでしかEvernoteにデータを追加できないという制限が。(同期しないノートを作ればその限りではありませんが、個人的に意味が無いので考えません)

この制限があることで、どれだけデータを入れるか悩むことはあっても、HDDが足りなくなるかも、と悩むことはありません。

仮に、毎月500MB、最大限に容量が増えていったとしても、1年で6GB、10年で60GBのデータ増。

今時のパソコンであれば10年くらいは全然問題ないと思います。(仮に今60GBくらいのHDDだとしても、それを10年使い続けるはまず無いでしょう)

それより何を入れるか考える

それよりも考えるべきはEvernoteに何を入れるかということ。「なんでも」というのは本当に難しいです。どこから手をつけたらいいかわからないし、何から始めたらいいかわからない。

また、月500MB(1ファイル40MB)では動画や音楽、ソフトウェアの保存は実質無理。高解像度の写真すらまともに入れられません。

個人的な意見ですが、Evernoteに「今使っている情報」を入れておくのはあんまり向いていません。(テキストのみのデータは除く)

作業中のファイルなどは、Dropboxを使ったほうが快適ですし、原寸大写真の保存にはFlickrやPicasaなどを使ったほうが便利です。

仕事とかで使うなら

仕事でEvernoteを活用するのであれば、とりあえずはプレゼン資料やエクセルデータなど、後で使うかもしれない「完了したファイル」などを置いておくのは一つの方法かもしれません。あとは、日報だとか作業ログの保存など。

テキストファイルなどは、多少工夫して最近は自動でEvernoteに保存するようにしてたりします。(詳細はまたいつか)

Evernote(仕事バージョン)では

  • 資料、ファイル置き場(ファイルにまとめて保存しておくようなものを置いておく)
  • メモ、仕事ログ
  • 名刺管理

くらいでしょうか?

仕事に関してはあんまりEvernote活用してないっす。無意識で使っているDropboxの方が出番が多い。

Evernoteカテゴリーの記事を全部見る