ブログの更新ができなくなる前に身につけておきたい3つの技術

未分類

ブログの更新ができなくなる前に身につけておきたい3つの技術

今月、実はブログで目標があったりしまして、一ヶ月で100記事書けないものかと努力しているところなのです。 WordPre […]

最終更新日:2012年1月31日

今月、実はブログで目標があったりしまして、一ヶ月で100記事書けないものかと努力しているところなのです。

WordPressを始めた一年前は「一週間に一記事」程度を目標にしていたことを考えると恐ろしい変化です。

なんというかこの一年、ブログから始まってすんごい色々な変化がありまして、そしてそれと同時にブログも色々と変化させている所なのです。

そんな中、なんで100記事書いてみたと思ったのかとかそんな話。

100がなんかすごい

100って言う数字がまずなんか凄いです。わかりやすい区切りの目標として100とか1000とかそういうのはとても都合が良い。

そして、一ヶ月に100記事書くっていうのが、今の自分から考えると実に丁度いい具合に「けっこう難しい」

簡単に出来るような事だったらまぁあんまり意味はなくて、でも全然どう考えても無理な計画でもそれはやる気にならなくて。

そんな中で、一ヶ月で100記事書いたとか、そういうわかりやすい数字が伴った結果を出せたっていうのは自分にとって大きな自信になるのではないかな、と。

ブロガー的瞬発力を鍛えたい

一ヶ月100書こうと思ったら、一日平均3を超える記事数。しかもおれ、一年で一番短い2月とかにそんなことをやろうなんて思っちゃったもんだからこれまた大変。

この大変な状況。なにがなんでも一日複数個の記事を書くという状況。今までのネタストックなんて一瞬で尽きてしまいます。

でも、そこからが勝負。

実際の所、過去の自分を思い返しても「これブログに書けるな」なんて思っても、思いつくだけ思いついて、数日間ほったらかしてしまうと、もう書かないのです。なんでかわからないけど、自分の中での「記事の賞味期限」みたいなのがあるみたいで、それを過ぎちゃうと「まぁいっか」で書く気が失せる。

実際、今も「書くことないなー」なんて思いながら、今書く気にならないネタってのがいっぱいあります。逆に、よしブログネタにしよう、って思いついてサクッと書き始めると、そのままサクッと書けてしまったり。

とにかく、書こうと思い立ってすぐに書く。この根性を100記事書く間に体に染みこませたい。

なんでもブログにできる視点が欲しい

もう一つが、この「ネタが尽きた状況」から生み出される「ネタを探し出す目線」

こういうのも、訓練で身につくものだと思ってます。

一ヶ月間、起きている限りほぼずっと「これはブログ記事に出来ないだろうか?」なんて考え続ける生活を送ってみれば、きっとこれも自然な感覚として身につくはず。

無理をし続けることで、無理をすることが無理じゃなくなってしまうというレベルアップ。

そんな事を身をもって経験して、実現させてみたい。

変化できる人でありたい

今までは「アタリ」記事を書くとPVが一時的に大きく増えて、数日でまた元に戻る。そんな繰り返しでちょっとずつPVが伸びてきた感じでした。

これが、先月辺りから更新量を意識して増やしてみたら、全体的に大きくPVが伸びてきています。

じゃあ一ヶ月凄い勢いで更新したらどうなるのか?

こんな事を試してみたい。

ぶっちゃけ、今までと同じ事を続けていればそれなりに成長はしていくと思っています。が、それではつまんないし、時代の変化についていけない。継続は大事だけど、工夫のない継続では面白くない。

色んな事を試してみて、失敗してみて、そういう事を繰り返す事で「変化」する事が得意になっていく。そんな自分でありたい。

ようするにそうする事が面白そうだから

ようするにそういう事。

なんか試してみて、その結果どうなるのか?

うまく行くにしろ行かないにしろ、そういうのを試してみるのが好きで、試してみるのが面白いのです。

まぁ要するに、今までとは違う、自分が経験した事ない新しい方法を試してみたい。そして今なら無理すればそういう方法を試せる状況にあるという事。色々変えていきたいのです。

だいたいそういう事。

無理矢理ブログタイトルに書いたような事をまとめるなら

  • すぐに書き始めるという瞬発力を鍛える
  • あらゆる出来事を記事にする視点を鍛える
  • 常に変化できる柔軟性を持つ

まぁそんな感じでしょうか。

一応自分の中の信念として「目的のない記事は書かない」というのはありまして、100記事書くために目的の無い記事を書いたりとかそういう事はしないように気をつけていきたいと思っております。

セール・特価情報