オフ会に使える Evernoteを使った超簡単な受付簿の作り方 +α

Evernote

オフ会に使える Evernoteを使った超簡単な受付簿の作り方 +α

Evernoteを使った、超簡単受付簿の作り方、ってのを思いついて、今回の名古屋オフで試してみました。 作成時間約3分。 […]

最終更新日:2012年4月15日

Evernote

Evernoteを使った、超簡単受付簿の作り方、ってのを思いついて、今回の名古屋オフで試してみました。

作成時間約3分。超簡単に作れるけど、ちゃんとアイコンとかIDとか付いていて、誰が来てて誰が来てないのかも把握する事ができちゃいます。

参加者一覧のページを使う

ネット絡みのオフ会では、大抵ウェブ上にアイコンとIDが付いたページが存在します。

今回はこんな感じ。

Tweetvite :: だいたい普通の名古屋オフ

そして、ここから参加者一覧だけを選択して、Evernoteに取り込む。Evernoteのクリップボタンとかを使って取り込む。

Tweetvite :: だいたい普通の名古屋オフ

あとは、パソコンで参加者それぞれに「チェックボックス」を付ける。

以上!

簡単!

ホントに3分で作れたよ。

チェックボックスのオンオフはどの端末でも操作可能

最近アンドロイドは「リッチテキストの編集」が可能になりました。つまり、ウェブクリップでも何でもアンドロイド端末から編集可能。

しかし、iPhoneとかiPadは未だに「画像付きノート」とかは、追記する事しかできません。

だがしかし、iPhoneでもアンドロイドでも「チェックボックス」のオンオフはできちゃうのです。なんでかわからんけどこれは便利。なんでだろ。でも便利だね。

あとは、オフ会の会場にiPhoneとかiPadとかを持っていく。んで、来てもらったらチェックを付ける。

これで、誰が来て誰が来てないのか、超簡単に管理できる。

とはいえ、iPhoneだと画面が小さすぎてツライのであんまりオススメは出来ません。やっぱりこういう時はiPadとかそういう、大画面の奴が便利です。

今回私はGalaxyTabを使って試してみましたが、7インチでも画面が小さくて一覧性が悪かったです。こういう時はiPadすごいよなーと実感いたしました。

もっと面白い事も出来そうだ

今回思いついた方法は、簡単で便利だけれども「運用」の意味ではなんにも大したことないんです。ただアナログをデジタルに置き換えただけ。印刷とかいらないから便利だよねーっていうただそれだけ。

これでは自慢できません。革命ではない。

ただアナログをデジタルに置き換えただけでは「わざわざ」デジタルを使う必然性に劣る。

そんな事を考えながら、会場に向かってる最中にふと思いつきました。こんな風に使えば「デジタルの方が便利」って思えるのではないかな、と。

Googleドキュメントを使う

(GoogleWaveでもおk)

Googleドキュメントが凄まじいのは、本当にリアルタイムに複数台でデータ同期出来る事。

誰かがファイルを編集すると、その瞬間に別の場所で見ている人の画面も変化します。

20人以上集まるような会って、受付が混雑しますよね。

これって、受付は「一元管理」が必要で、どれだけ作業を分担しても、どうしても「マスターリスト」を修正しないといけないからだと思います。そのため、参加者を管理する部分では、どうしても「一人」以上の力を発揮する事が出来ない。

Googleドキュメントをうまく使えばそこが変わる。

複数台のPCを持っていけば「受付表」が何個あっても、誰が来たのか全部わかる。主催者もいちいち受付に「今何人来てる?、とか、誰が来た?とか聞きに行かなくてもいい。

さらにさらに、画面をスライドに映してしまえば、会場にいる全員が誰が来たのかとか確認する事も出来るかもしれない。

まだまだ妄想

Googleドキュメントでの受付管理とかは、現段階ではまだ妄想。実際なにが出来るのか、どのくらい便利になるのか、どういう不便が出てくるのかはわかりません。

ただ、なにかよい仕組みを考え出せば、凄まじく便利にできるんじゃないかと思います。

なにかいい方法を思いついた、とか、こんな風に使ってみた、とかそんなのがあったら、是非教えて頂ければと思います。

セール・特価情報

Evernoteカテゴリーの記事を全部見る