MarsEditとSkitchを組み合わせたら画像をとんでもなく快適に扱えるようになった

ブログ運営

MarsEditとSkitchを組み合わせたら画像をとんでもなく快適に扱えるようになった

MarsEdit 3.2.1価格: ¥4,600更新: 2011/04/17 つい2日ばかり前からMarsEditoを本 […]

最終更新日:2014年2月21日
MarsEdit 3.2.1App
価格: ¥4,600
更新: 2011/04/17

つい2日ばかり前からMarsEditoを本気でいじってみようかと思って、それはまぁ色々とMarsEditをいじくり倒しております。

nori510もリアルタイムプレビューが最高すぎると言っていますが、それはまぁホントに、リアルタイムプレビューは凄いって感動します。これはホントリアルタイムに書いてみるとよくわかります。

想像するのと、体験するのは全然違う。

で、リアルタイムプレビューが何より便利なのはやっぱり「画像」が見やすいという事なのですが、実は画像を「見る」以外にもこのMarsEditというソフトは画像関連が色々と快適だったことを知りました。

リアルタイムプレビューこんな感じ。左がエディタで、右がプレビュー。

ブログに「画像」を挿入する

ブログに画像を埋め込む際には、だいたいPhotoHTMLが天才的に使いやすいです。
Flickrに画像をアップして、PhotoHTMLを起動して、あとはコピペ。Flickrにたくさん写真をアップロードした場合、これはもう間違いなくPhotoHTML天才です。

私の場合でよく使うのが、iPhoneで撮った写真やスクリーンショットを載せる時。これらの画像をブログに載せる際には、これまた天才的なアプリPictShareを使ってやる事で、チョー簡単にFlickrに画像をアップロードする事が可能。

あとはPhotoHTMLを使ってやるだけで、ちょー簡単に画像挿入が出来ちゃいます。

PictShare – multiple photos uploader 1.4.4App
価格: ¥230
更新: 2011/04/12

ただ、私の場合、iPhoneで撮った写真やスクリーンショットに説明を加えたり、Macの画面のスクリーンショットを載せたかったり、そんな事もよくあります。

その場合にはSkitchという天才的に使いやすすぎるアプリを使います。Skitch便利すぎて他のアプリとか考えられない。

ただ、Skitchを使った場合、その写真をFlickrにあげるのが結構メンドイ。SkitchからFlickrに写真をアップロードすると、いちいちブラウザでFlickrのウインドウが開いてメンドウ。

じゃあ一気に画像をアップロードすればいいかって言うと、それはそれで一枚一枚画像を保存するのがメンドウ。

MarsEditにSkitchから直接Dragで画像挿入

で、気がつきました。Skitch使って画像を加工したら、直接MarsEditに画像を挿入出来ちゃうんです。

これがチョー便利。チョー快適。

ブログ書いてる最中に画像を挿入したくなった。

まずはSitchで画像加工。

加工した画像は、MarsEditのエディタに直接ドラッグ。

これだけ!プレビューにもすぐ反映される!

画像全部ドラッグドロップでイケる!

Macいじってて、写真を入れたくなったらMarsEditにドラッグアンドドロップ。

こんだけでいいのか!

しかもドラッグした瞬間プレビューでどんな感じに見えるのかもすぐわかる!

今時のブログエディタ凄すぎる!!!

これはブログを書くという感覚が変わる!!!

ちょー高いけど、買って損はなかった。そう思ったマジで。

参考

いかに毎度のプレビューが苦痛だったか思い知った!リアルタイムプレビューがマジでイケてるMacのブログエディタ「MarsEdit」 | GoTo Number

MarsEditを使ってみようと思うに至った経緯

スクリーンショット撮影、編集がとてつもなく簡単になる 「Skitch」

Pict Shareが写真共有アプリなのにビューアーとしても素晴らしすぎる

PhotoHtmlを使うとどれだけブログ更新がラクになるのか思い知った

MarsEdit 3.2.1App
価格: ¥4,600
更新: 2011/04/17

セール・特価情報

ブログ運営カテゴリーの記事を全部見る