簡単かつすぐ出来るMacで自分専用のショートカットを作る方法(標準機能

Mac

簡単かつすぐ出来るMacで自分専用のショートカットを作る方法(標準機能

Reeder 2.3.1価格: ¥350更新: 2011/03/12 過去にはMac版のRSSリーダアプリReederを […]

最終更新日:2017年3月13日
Reeder 2.3.1App
価格: ¥350
更新: 2011/03/12

過去にはMac版のRSSリーダアプリReederを褒めまくっておきながら、気がついたらInstapaper好きすぎてあんまりMac版のReeder使わなくなったぜと、簡単に掌を返すgoryugoですこんにちは。

上記Instapaper記事へのリンクでも書いているように、Mac版をほとんど使わなかった理由はただ一つ。記事をInstapaperに送るのがメンドクサイから。

いちおう Reederに「ジェスチャ」を設定すれば割と簡単に目的は果たせるのですが、残念ながら私は生粋のキーボードショートカット好き

で、思い出しました。Macって簡単にキーボードショートカット作れるのだということを。

オリジナルショートカットの作り方

なんていうか凄く簡単です。凄く簡単に「自作ショートカット」を作ることが出来ちゃいます。

必要なのはMacのみ!

まずはシステム環境設定開いて「キーボード」

キーボードショートカットから「アプリケーション」を選び「+」で追加する

今回の場合、アプリケーションはReeder.appをキーボードショートカットは好きなものを選べばよい。

ちょー大事なのが「メニュータイトル」の欄。

ここを、そのアプリに存在する「メニューバーのタイトル」と一字一句異ならないように手入力しなければならない。

ちょー簡単ではあるのだが、なぜ今更こんな前時代的なことをさせるのか、という疑問を隠し得ない。

たとえば、たまにメニューの最後に「…」てのがついてる場合もある。これもちゃんと書かないと動かない。正直アホくさい。せめてもう少し便利であれば…

とはいえ、一度これを設定してしまえばあとはもう快適そのもの。

だいたいどんなアプリでも自作ショートカット出来るよ

もちろん、Instapaperに送る意外にも、TwitterでつぶやくとかGoogleReaderでコメントを残すとか、そんなのも自由自在にキーボードショートカットを設定出来る。

もちろんこの「ショートカットが自作出来るアプリ」はReederに限った話ではなく、実質何でもおk。

簡単だけど、めんどくさい。そのせいで、ついつい忘れがちになってしまいますが、割と結構中々便利な機能です。

参考

これがあるからMacを使うと言っても過言ではない便利なキーボードショートカット

Reeder for Macの素晴らしすぎる機能を褒め倒す

最近iPhoneでInstapaperを使う事にはまってたりする

セール・特価情報

Macカテゴリーの記事を全部見る