iPhoneからちょー簡単に画像転送出来る「PhotoSync」がアップデートしてますますちょー簡単に画像転送出来るようになった

アプリ・ウェブサービス

iPhoneからちょー簡単に画像転送出来る「PhotoSync」がアップデートしてますますちょー簡単に画像転送出来るようになった

PhotoSync1.2価格: ¥230公開日: 2011/02/18バージョン: 1.2   先日ご紹介 […]

PhotoSync1.2App
価格: ¥230
公開日: 2011/02/18
バージョン: 1.2

 

先日ご紹介して、それ以来すっげー気に入って使い続けている、iPhoneから簡単にiPadやMac,Windowsに画像転送出来るアプリPhotoSync

ブログに使いたい写真をiPhoneからMacやiPadに送るときに、現状私が知っている一番便利なアプリ。

なにより凄いのが、凄まじく速い転送速度。

こいつが先日アップデートして「Quick Transfer」という機能が追加され、ますますちょー便利になりました。

今までの画像転送方法

これまでもPhotoSyncは「十分に画像の転送速度が速い」というだけでちょーイケてるアプリだったのですが、多機能であるが故の手数の多さが気になってました。

iPhoneからMacに画像を送るための手順はこんなにいっぱいあったのです。

写真を選んで右上のボタンを押す

Sync Selectedを選択

コンピュータを選んで

対象のコンピュータを再度選ぶ

言ってみれば、どれも「ボタンを押す」だけなのですが、いちいち毎回3回も4回もボタンを押すのはちょー面倒だったのです。

PhotoSyncでQuick Transferを使うと

これが、QuickTransferの設定をしてやれば押すボタンの回数は1回or2回。

新しく追加された写真をMacに送るだけなら、右上のSyncボタン長押し、選択した画像を送りたいのであれば画像を選択した後Syncボタンを長押し。

たったこんだけ。

新しく追加された画像があって、何も選択していないときは新しい画像を、画像が選択されているときは選択された画像を、ちゃんといい感じに設定してくれます。

Quick Transferの設定

設定もちょー簡単。

右下の「i」をタップして、

Quick Transferを選択

Quick TransferをONにして、送りたい機器orサービスを選択するだけ

ちなみに、このQuick Transferの設定は、コンピュータやiPhone,iPadだけでなく、FlickrとかDropboxとか、色んなサービスへの転送も対応しています。

今回のアップデートでFacebookとかPicasaも追加されました。

更に言うと、それぞれの機器やサービスに送る際の写真の解像度も選択出来るので、でっかい画像なんかでもサイズを小さくすることで割と速く転送出来るようにもなってます。(動画もOK)

PhotoSyncちょーいいよ

ちょっと前にiCloudが発表されて、そのうちPhotoSyncとかいらなくなるんじゃね?なんて事も思ったりしましたが、iCloudが「写真を撮った瞬間」に写真を転送してくれるのかどうなのかよくわからないことや、そもそもiPhotoってアプリが起動が結構遅くてイライラしたりすることも多いです。

それを考えると「目的の写真を」「すぐに」転送してくれるPhoto Syncは、これからも十分に色んな使い道があるのではないかと思っております。

ちなみに、iPhone,iPad両方で使えるユニバーサルアプリです。

参考

PhotoSync iPhoneとかiPadの写真転送がとんでもなく快適で早く行えるようになるアプリ

PhotoSync1.2App
価格: ¥230
公開日: 2011/02/18
バージョン: 1.2

 

セール・特価情報

アプリ・ウェブサービスカテゴリーの記事を全部見る