Google+1ボタンが検索結果とかクリックにどれだけ影響があるのか確認する

ブログ運営

Google+1ボタンが検索結果とかクリックにどれだけ影響があるのか確認する

以前ちょいとご紹介したGoogleウェブマスターツールに、+1統計情報ってのが追加されています。 こいつがなんかすげー面 […]

最終更新日:2014年2月19日

以前ちょいとご紹介したGoogleウェブマスターツールに、+1統計情報ってのが追加されています。

こいつがなんかすげー面白そう。

+1 は、自分がよく知っている、信頼できる人からの有益なコンテンツ(ウェブサイト、Google 検索結果、広告)を見つけるのに役立ちます。+1 ボタンが追加されたページでは、そのコンテンツをユーザーが他の人にすすめることができます。+1 ボタンをクリックしたユーザーの友だちや連絡先が Google 検索を実行したときに、そのコンテンツが最も高い関連性を持つと判断されると、そのユーザーのおすすめであることが検索結果とともに表示されます。

+1統計情報でわかるもの

+1統計情報からは、どんだけ+1が押されたのか、どのページに押されたのか、+1を押されたら、なんか変わったのか。そんな事をお手軽に調べることが出来ます。

一番上「検索の影響」では、実際に+1が押されたページだと、クリックに有意な違いが現れるのかどうか。

とりあえず、私の現在の状態だと、回数が少なすぎるからまだわからんわい、て事らしいです。

「アクティビティ」では、どのページがどのくらい、期間中に+1が押されたのかどうか。

まだめっちゃ数は少ないけど、とりあえずほとんどはサイト内にあるボタンから押して頂けているようであります。

3つ目「対象」の項目では何人のユーザーが+1を付けてくれたのかがわかる。

残念ながら数が少ないので「特徴を示すほどの数の +1 がまだサイトに付けられていません。」とのこと。

これ、数字が増えたらどんな事がわかるのかすっげー気になる。

+1ボタン付けておいたら面白くなりそうだ

自分のブログに+1ボタンをつい最近付けたばっかりなので、現状データも少ないし、ていうかそもそもGoogle+1てまだまだ知られてないだろうし、これから広まっていくのかどうかもまだわからないところです。

データが少ないから、+1ボタンを押してもらったことでどれだけ効果があるのかも、もちろん不明。

ただ、効果があるのかないのかについても、データが無けりゃわかりもしないわけで、とりあえず+1ボタンを付けておけば、果たしてそれが価値あるものなのかどうかの判断はしやすくなるはず。

てことで、どうなるのかはまだまだわからないけど「趣味:アクセス解析」な私にとっては、Google+1がどうなったのか、ってのを調べることが出来るのはちょー面白そうなわけで、Google+1ボタン付けておいてよかったなーってところです。

Google+1ボタンの設置方法については以下をどうぞ。

WordPressにGoogle+1ボタンを追加する

セール・特価情報

ブログ運営カテゴリーの記事を全部見る