飛行機が別世界になる最強ノイズキャンセルヘッドフォン BOSE Quiet Comfort 15を買った

R0013077.JPG
オーディオ

飛行機が別世界になる最強ノイズキャンセルヘッドフォン BOSE Quiet Comfort 15を買った

【正規品】BOSE QuietComfort15 ノイズキャンセリングヘッドホン posted with カエレバ BO […]

最終更新日:2016年4月20日
ツイートする
ブックマークする
Evernoteへ送る
あとで読む

ちょーすんごいノイズキャンセリング効果を持ちながら、同時にちょーすんごいお値段(約4万円)で中々手が出せないBOSEのノイズキャンセリングヘッドフォンQC-15。

ハワイ行ったらこいつが$299.95で売っておりました。

買ってしまいました。

円高万歳!

QC-15開封の儀

BOSEのノイズキャンセルヘッドフォンはずーっっと欲しかったんです。QC-15が出る前の、QC-2とかQC-3とか。Apple StoreとかBOSEの取扱店に行くたびに試聴しては、欲しい、が、ちょーたけーよ。さすがに中々買えねーよorz と泪をのんだものでした。

それが、ハワイ行ったときにAPPLE STORE入ったら$299.95。1ドル80円で計算しても約24,000yenという驚きの価格。だいたい4割引!!!

ということで、南国の空気にのまれて衝動買いしてしまいました。

はこ

あける

中身はこんな感じ。ケースと説明書と吸湿剤

ケースを開ける

収納はこんな風になっております

舐め回すように写真を撮る

電池を入れるところ。電池は単4

穴があれば覗きたい

穴があったら挿入

挿入した後に電源ON

ケーブルは2種類入ってます。フツーのプラグと

リモコンマイク付きのプラグ

そして、飛行機用のアダプタ

ケーブルを

挿す

じゅんびかんりょう

飛行機でQC-15を使ってみた

ということで、早速ノイズキャンセリング効果を満喫するために、ハワイからの帰りの飛行機でQuiteComfort15を使ってみました。

8時間もの長時間、飛行機の轟音を聞かされ続けるのはすげーツライです。

ていうか、8時間も飛行機乗るとかホント苦痛でした。

ついついQC-15を衝動買いしてしまったのは、この帰りの飛行機をちょっとでも快適に過ごしたいって思ったってのも大いにあります。

で、飛行機が上昇しきってからQC-15を装着して、電源ON。

うむ。相当静かになった。

正直、騒音はゼロにはなっていない。ザーーーって感じの音(中域な音?)は残る。

しかし、ノイズキャンセルOFFにしてみると、騒音の量は体感30倍。OFFにした瞬間、まさに「轟音」とも言える「ゴーーーーー!!!」っていう音が聞こえてくる。

このくらいのノイズなら、小さめの音量で音楽をかければ、飛行機の轟音はほとんど気にならない。

行きは飛行機ちょーうるさいよ、って感じで、耳栓をしてもあんまり眠れなかったんだけど、帰りは機内食食べてビール飲んだらたっぷり寝てた。

もちろん、初めての海外とかで「疲れていた」という可能性は十分あるんだけど、それを差し引いても十分すぎるほど快適に機内で過ごすことが出来た。

自宅でQC-15を使ってみた

これはヤバい!

ノイズ無くなる。想像していた以上の静けさ。

ていうか、家の中ってこんなに騒音いっぱいあるのか、ってホントに驚く。パソコンがうるさいのは十分わかってたけど、エアコンも信じられないくらいにうるさいし、冷蔵庫とかはぶん殴ってやりたいくらいうるさい。

しかし、QC-15使ったら、この騒音マシーン冷蔵庫の存在感がゼロになる。

日常生活レベルの騒音は「ゼロ」になると考えてよさそう。

新幹線で使ってみた

これ、今日新幹線に乗る予定なので、その際にQuiteComfort試してみる。

試してみたら追記する

追記

新幹線めちゃくちゃ快適!

新幹線って乗り物の中ではかなり騒音が少ないものだと思ってたけど、QC-15使ったらもう別世界!

これ装着してれば新幹線が快適ノマドスペースに変わる。

ていうか、乗り物全般でQC-15の効果は凄まじい。

買う前に考えてたよりもずーーーーっと素晴らしい製品だってことを痛感した。

Quiet Comfort15の音質

比較対象になるイヤフォン、ヘッドフォンはこの2種類

4,000-5,000yenなのにかなり音が良いって人気のVictor HP-RX-700と

約8,000yenのくせにバランスドアーマチュアドライバを2個搭載するという、よくわからんけどオーディオ的にはすごいらしいApple In-ear Headphones

Apple In-ear Headphonesと比べる

比較対象が安いものしかないが、とりあえず、Appleと比べたら天と地ほどの違い。

QC-15の方が音の広がりから中低域の出方から何から何まで違いすぎ。カナルタイプの、しかも全然値段が違うものを比べるのが間違っているのはわかるんだけど、改めて聞き比べてしまうと、これで音楽聴くのが切なくなる。

Victor RX-700と比べる

Victorのやつと比べると、QC-15は全体的にまろやかで、なんか優しい音。Victorの方がそれぞれの音が尖ってる感じ。

音の傾向が全然違う。個人的にはQC-15の方が好き。

ちなみに、装着した際の圧迫感も、QC-15は圧倒的に優しい。BOSE製品の装着感の良さは、他のどのヘッドフォンと比べてもとてつもなくすごいものだと思う。

Victorは、眼鏡かけて装着すると15分で耳が痛くなるが、QC-15はかなり長持ち。(もちろん眼鏡がない方が快適なのは間違いない)

記憶にあるBOSEのヘッドフォンと比べる(非ノイズキャンセル)

あとは、ちょっと昔に聴いた他のBOSEのヘッドフォンの「記憶」との比較なんだけど、BOSEお得意のドンシャリ全開、とはちょっと違って、とてもまろやか。

エイジング」とかしたらまた違うのかもだけど、全体的に素直で聞きやすい音の印象。

BOSEのノリノリな「いい音感」とかはすっげー好きなんだけど「静けさ」を求めるQuietComfortシリーズは、こういう音が丁度いいのかもしれない。

まとめ

あたりまえだけどヘッドフォンはイヤフォンに比べれば「デカい」わけで、これを常日頃持ち歩くのはちょいと大変。

しかも、値段が恐ろしく高い。

ただ、この快適さはヤバい。

ただ静かになるというだけでなく、長時間装着していても耳が痛くならず、苦にならないという効果は絶大。

ちょっと静かな環境で集中したいときには、あえて音楽をかけず、ノイズキャンセルの目的だけで装着する価値がある。

そして、やっぱり飛行機での効果が絶大。2-3時間飛行機に乗るくらいだったら問題ないけど、5時間以上飛行機に乗るようなことが年に複数回あるのならば、その目的だけのために買っても損はしないと思う。

ノイズキャンセル凄いっす。