【小ネタ】iOS5 「使用状況」からアプリ毎のストレージ使用量がわかる

アプリ・ウェブサービス

【小ネタ】iOS5 「使用状況」からアプリ毎のストレージ使用量がわかる

iOS5の「設定」を色々といじっていたら「使用状況」がなかなか便利になっておりました。 アプリ毎にどのアプリがどのくらい […]

最終更新日:2011年10月21日

iOS5の「設定」を色々といじっていたら「使用状況」がなかなか便利になっておりました。

アプリ毎にどのアプリがどのくらいの容量を使ってるのかわかるようになっております。

これで、iPhoneの容量が足りないぜ、って時にどのアプリを消すか、ってのが判断しやすくなっております。

使用状況からアプリ毎の使用量を見る

設定から

「一般」を選択して

「使用状況」を選ぶ

使用量が多い順に並ぶ

個別の情報もわかる

ちなみにこの数字は、アプリ自体の容量+アプリが保存しているデータの容量の合計。

個別のアプリを選択すると、それぞれアプリがどのくらいの容量を使っていて、保存データがどのくらいあるのかもわかる。

本体は小さいけどデータが多いものや

本体が大きくてデータは小さいものも

ここから直接アプリの削除も選択出来るので、わりとなかなか便利なのではないかと思います。

Hipstamaticが意外に容量喰ってるなぁ。

セール・特価情報

アプリ・ウェブサービスカテゴリーの記事を全部見る