たとえば文才について思うこと

雑記

たとえば文才について思うこと

なんかだいたい言いたいだけな気分が増してくると、色々思うこととかも書いてみたくなったりしてきます。 で、この辺について思 […]

最終更新日:2012年2月23日

なんかだいたい言いたいだけな気分が増してくると、色々思うこととかも書いてみたくなったりしてきます。

で、この辺について思うこととかいろいろ。

たとえば文才について Singer Song iPhone

[nori5:25]寄稿とブログ(文才)について | nori510.com

ブログに文章がどうのこうのは同意

なんか@kuracyanが褒めてくれてたので嬉しくなって読んだ。

そして色々思った。文才がないからどうのこうの、ってのは全く目にしてないので、あくまでも勝手な想像なんだけど。

ブログは文章がどうのこうの、って言葉には全面的に同意。

その上でちょっと思うこと。

「文才」について

自分は「才」って言葉があんま好きではない。

「文才」って文字にすると、文章の才能、ってわけでしょ。

ちょっと大辞林で調べてみた。

どうしても「才」って文字には「1」の意味を感じてならない。

「文才がない」とか言ったら「生まれつき持った文章の能力が足りない」みたいなニュアンスで受け止められてしょうがない。

で、そういう風に考えてしまったらなにもはじまらないわけで。

そんな事をいいながらも、たぶん、生まれつき持った「能力」に「差」はあるとは思う。

だけど、そうやって「能力がないから」って言ってしまったら、いろいろやってる人に対してすごく失礼なわけで。

生まれつき能力が「ある」としても、それは何らかの形で磨かれたことで結果を伴っているわけで。

努力て言葉もあんま好きじゃないんだけど、その一般的な意味での「努力」なくして「才」なんてものは光るはずがなくて。

だから、才がないとか思う暇があるんだったら、「才」があるかないか、少なくとも試してみなきゃわかんないし、ぶっちゃけ「才」なんてなくても、今時それを補う手段なんていくらでもあるわけで。

「才」て文字がゲシュタルト崩壊してきた。

すごく主観的な意見を言えば、恥をかける人ってのはすごくかっこいいと思ってて、恥をかくのは年を重ねれば重ねるほど恥ずかしいから、ついつい躊躇してしまうんだけど、少しでも早いうちに恥をかいておかないと、もっともっと恥ずかしい思いをする可能性が高くなるから、思い立ったら恥をかくべきだと思う。

で、だからこそ悩む暇があったら「恥ずかしいこと」をいっぱいする機会を作っておいた方がいいんじゃないかな、とか思います。

セール・特価情報

雑記カテゴリーの記事を全部見る