【桜島観光】サクラジマ アイランドビューでお手軽に桜島を楽しむ

IMG_4361.jpg
鹿児島

【桜島観光】サクラジマ アイランドビューでお手軽に桜島を楽しむ

桜島ラブgoryugoです。 「よりみちクルーズ」で桜島に移動した後は、「サクラジマ アイランドビュー」という、およそ6 […]

最終更新日:2015年8月17日
ツイートする
ブックマークする
Evernoteへ送る
あとで読む

桜島ラブgoryugoです。

「よりみちクルーズ」で桜島に移動した後は、「サクラジマ アイランドビュー」という、およそ60分でお手軽に桜島が楽しめる観光バスに乗ってきました。

これがまた、実に楽しい。

短時間で手軽に桜島観光を楽しめる素晴らしいものでした。

桜島は「元」島だった

ところで、桜島に行く前にずーーーっと気になってたことがあるのです。

桜島って、GoogleMapを見ると「島」じゃないんですよ。

どう見ても島じゃない桜島

GoogleMap 桜島近辺

島じゃないくせになんで「島」なんて名前が付いてるのか、もう気になって気になってWikipediaを調べることすら忘れておりましたが、どうもつい最近(100年くらい前)の噴火の影響で「島」だったものが陸続きになったらしいです。

桜島に実際に赴いて、はじめて知りました。

かつては文字通り島であったが1914年(大正3年)の噴火により大隅半島と陸続きとなった.

なんというか、桜島って活火山なんだよなぁ、ってのを実感。ていうか、九州全体がものすごい「火山の島」だなぁ、ていうかっていうか、日本て火山の島だよなぁ、ってのを桜島で実感しました。

サクラジマアイランドビュー

で、サクラジマアイランドビューの話。

このサクラジマアイランドビュー、2011年の10月から運行開始という比較的新しい「路線バス」

鹿児島市ホームページ |桜島周遊バス「サクラジマ アイランドビュー」

桜島の観光名所を1時間かけて走っているバスで、カタチは一応「路線バス」なのですが、1日乗車券が500円で購入可能。

路線バスとはいえ、事実上観光用のバスになっており、3カ所の「名所」では、それぞれ10分程度バスが停車して待っていてくれます。(9:00-16:00まで、およそ1時間に1本)

なお、鹿児島のフェリー乗り場で500円の「寄り道クルーズ」と一緒にチケットを買うと100円引きで合計900円で買えてお得です。

以下、各スポットでの写真。

鳥島展望所

最初に停まるのは、鳥島展望所という桜島麓の展望所。

バスを降りて見上げた先にある展望所。

こんな感じの所ちょっと登ると

いい感じに桜島を眺められます

独特の植物が生い茂る

ここは、停車時間5分。ちょっと眺めて、すぐ戻る感じ。

赤水展望広場

7万5千人が集まった「長渕剛桜島オールナイトコンサート」が行われた場所。

桜島オールナイトコンサート記念モニュメントの「叫びの肖像」という、実にロックなモニュメントが存在しております

なんとなくジョジョっぽい

まぁ、それ以外はぶっちゃけ何も無いだだっ広い広場(真ん中に小さく移ってるのが叫びの肖像)

ここは停車時間8分。ロックな気分を満喫して、すぐにバスに乗り込む。

湯之平展望所

アイランドビューのメインの観光スポットが、最後の湯之平展望所。

火山灰が降り積もる、桜島4合目に位置する景勝地

記念写真を撮ってくれといわんばかりの場所だったんで

一人でがんばって記念撮影

これからは、観光地行ったらこのワザを使っていこうと思う。広角レンズのなせるワザ。

ここは、展望所の中が資料館のような形になっており、桜島の歴史や桜島全体図を眺めることなども出来る。

停車時間15分。

鹿児島行ったら是非行きたいところ

サクラジマアイランドビュー、それぞれの場所での観光時間は短いですが、すげー楽しいです。

鹿児島港から桜島よりみちクルーズで桜島に行って、サクラジマアイランドビューに乗って鹿児島に戻って、全部で3時間くらい。料金も1000円ちょっと。

鹿児島中央駅からも20分くらいで移動出来るので、半日かけたお手軽観光としてすんごいオススメ。

指宿の玉手箱と並んで、どっちもものすげぇ楽しい体験でした。

一人でがんばって記念撮影

参考

鹿児島市ホームページ |桜島周遊バス「サクラジマ アイランドビュー」

桜島のフェリーで食べるうどんがうまいと聞いたので「よりみちクルーズ」に乗ってうどんと桜島を満喫してきた

竜宮城伝説が残る地「指宿」で指宿の玉手箱に乗ってきた

指宿 砂蒸し会館「砂楽」で砂風呂を体験してきた!