1000ポイントもらえる得しかないキャンペーン

Amazonチャージで5000円以上チャージすると1000円分のポイントがもらえるぞ!

Kindleのハイライトをウェブ上で一覧表示 デジタルだから保存もコピペも超簡単

Kindle your highrights

Kindleで本を読んでる最中に使える便利機能の1つが「ハイライト」と「メモ」

ポピューラーハイライトがとても面白い! Kindleのブックマーク・ハイライト・メモ同期機能 Whispersync | ごりゅご.com

Kindleで本を読んでるときは、この機能を結構便利に利用しています。

きっと何らかの方法でハイライトを一覧できるはずだと思っていました。

でもパッと見ても見つからない。
探した。
あった!

Kindle専用の管理ドメインがあった

Kindleの管理ページってAmacon.co.jpから行ける「My Kindle」だけだと思ってたんですが、これとは別にKindle専用のページ kindle.amazon.co.jpってページが存在していました。

Amazon Kindle: Home

My KindleがKindleの端末やデータの管理だとすれば、こっちは「読んだ本の管理」だとかSNS的な機能なんかが付いてるページです。

まだ日本語化もされておらず、Amazon.co.jpからのリンクも発見できなかったんで、きっと近いうちに正式にサポート?される機能なのではないかと思います。

こんなページ
スクリーンショット 2012 12 06 20 08 21

で、このページからYour Highlightsってところにアクセスしてやると、今までにハイライトしたページを一覧で見ることが出来ました

Kindle highrights

上記画像みたいに、書籍によってはタイトルが文字化けしてたりもしていて、ぶっちゃけまだ「作りかけ」みたいなイメージなのですが、とりあえずハイライトした部分は文字化けもなくちゃんと読めます

デジタルの恩恵が少しずつ見えてきた

これぞ「電子書籍」のメリットだぜ、って言える非常に良さげな機能です。

持ってる本の管理やらレーティングなんかもこのページから出来るし

スクリーンショット 2012 12 06 20 18 04

ハイライトをコピペすれば、書評なんかで「引用」するものものすごい楽チン。

付箋とかを本に貼っておいて、あとで改めて読み返すことに比べても、手間は格段に減少。

そして、複数の本にまたがってハイライトを見ることが出来るので「読んだ本を生かす」ことがすごーく簡単になっている感じがします。

気に入った部分なんかをEvernoteに保存とかも簡単だし、ますますKindleストアで本を買う理由が増えた感じです。

参考

Kindle関連記事まとめ | ごりゅご.com

Kindle Paperwhite 3G機能のあるなしで何が違うのか? | ごりゅご.com

この記事を書いた人

五藤隆介(goryugo)

「仕事効率化」「ライフログ」「家族Hack」「デジタル情報共有」みたいなことを書いてます。
年に1〜2回子連れで長旅をするようになり、新しく旅行・お出かけブログも作りました。
2018年4月からはPodcastも配信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします