センセープ運河ボート バンコク市民が愛用する庶民の移動手段 渋滞が全くないから速くてすごい!

DSC07352_DxO.jpg
タイ旅行

センセープ運河ボート バンコク市民が愛用する庶民の移動手段 渋滞が全くないから速くてすごい!

バンコクは、とにかく市内が渋滞しまくることで有名です。 BTSなどの鉄道を使うのもアリなのですが、それ以外にもなんと「運 […]

最終更新日:2015年8月15日
ツイートする
ブックマークする
Evernoteへ送る
あとで読む

DSC07352 DxO

バンコクは、とにかく市内が渋滞しまくることで有名です。

BTSなどの鉄道を使うのもアリなのですが、それ以外にもなんと「運河ボート」なるものがあるとキャプローグのキャップさんに教えて頂き、一緒に運河ボートを体験してきました。

水の都バンコクの庶民の交通手段

かつてバンコクはベニスと並ぶ「水の都」と呼ばれ、水上交通が非常に発達していたそうです。

現在はその多くが陸路に取って代わられてしまったようですが、今でも残っているのがセンセープ運河を走る運河ボート。

道路の渋滞なんてお構いなしに、安く素早く移動を済ませることが可能です。
(料金は10バーツくらい)

センセープ運河ボートは、バンコク高架鉄道BTSのチットロム(Chit Lom)駅から5分ほど歩いた「プラトゥーナム桟橋」を起点に、東西2方向にボートが走っています。

バンコクの郊外まで走っているため、地元の人が通勤、通学に利用する日常的な移動手段とのこと。

橋の上から船着き場が見えるので、階段を降りてそこまで向かいます

DSC07353 DxO

で、船が着いたらとりあえず乗る。料金は船内で車掌?さんに払う仕組み

DSC07357 DxO

みんな慣れてるから平然と飛び乗っていく感じだけど、結構揺れるし不安定でビビりまくりながら乗船しました

DSC07358 DxO

ボートに乗って移動開始。外側に立ってる車掌さんが順番に行き先を聞いてくるので、行き先を告げて料金を払います

DSC07361 DxO

お金払ったらこんな切符をもらったんだけど、降りるときにも切符を渡すことなくあっけなく降りることが出来ました

DSC07362 DxO

ちなみに、船の横にあるビニールシート超重要。素人的には「景色悪くなるだけじゃねーか」って思いますが、ボートの水しぶきが激しいので、水がかかると悲惨です

DSC07360 DxO

ぶっちゃけ、ボートに乗ってると河の匂いはわりと気になります。生活排水を普通に垂れ流しているらしいので、水自体も衛生的とは言えないものです。

船を下りたらちょうどいい感じの夕陽。運河のホント隣に家が建ち並んでおります
DSC07365 DxO

観光客向けとは言えない乗り物ですが、タイの生活に密着した体験をするにはとても便利な乗り物。

上手に使えば、タイでの生活をすごーく便利にすることも可能です。

船着き場の様子

実際に船に乗ったとき

前の記事:バンコクの恋愛の神様 ガネーシャ像 トリムルティの祠に行ってきた | ごりゅご.com

次の記事:バンコクでバイクタクシーに乗って20バーツでヒャッハーしてきた(ホントはビビりまくり | ごりゅご.com

センセープ運河ボート 基本情報

住所:センセープ運河沿いにたくさんのターミナル
(プラトゥーナム桟橋はこちら → GoogleMap)

料金:8-18バーツ程度
運行時間:
5:30-20:00(月~金 )
6:00-19:30(土 )
6:00-19:00(日 )