自動で30秒ごとに位置情報付きの写真を残してくれるライフログカメラmemotoを購入しました

memoto.png
ガジェット

自動で30秒ごとに位置情報付きの写真を残してくれるライフログカメラmemotoを購入しました

Remeber every moment. 30秒に1回自動で写真を撮ってくれる(位置情報付き「memoto」というライ […]

最終更新日:2013年3月16日
ツイートする
ブックマークする
Evernoteへ送る
あとで読む

ライフログカメラ memoto

Remeber every moment.

30秒に1回自動で写真を撮ってくれる(位置情報付き「memoto」というライフログカメラが購入可能になっていたので、これは試さねばならんとがむばって海外製品を購入してみました。

Memoto – automatic lifelogging camera

mometo概要

memotoは、本体にクリップが付いている「ウェアラブルカメラ」と呼ばれるもの。

シャツやジャケットにくっつけておくと、30秒おきに自動的に位置情報付きの写真を撮影し、バッテリー駆動で2日分、4000枚の写真を保存することが可能。

30秒おきに全自動で写真を撮る、とかすると「ただ単に大量の写真が残ってて目的のモノが見つけられない」ってことになりそうですが、その辺りもmemotoは工夫されていて、顔検出、シーン解析、位置情報、加速度計のデータなんかを使ってサーバ側である程度自動的に写真を分類してくれるみたいです。

分類のイメージ 目的の写真を見つけやすくする
NewImage

PCと接続してデータをサーバに上げて、スマフォの専用アプリから快適に写真を見ることも出来るようになるみたいです。

販売価格は$279で、端末の代金と1年分の「サーバ利用料」が含まれているとのこと。(今後のサーバ利用料は未定。また、ローカルだけに写真を残しておけば維持費はかからない)

発送予定は4月で、以下のページから購入することが可能です。英語サイトだけど、PayPalのアカウント持ってれば購入の手続き自体は簡単に行えます。

Memoto – automatic lifelogging camera

ひとこと

ただ単純に大量のデータを残しておいても、それを上手く取り出せる仕組みがないと結局続かない、って思っているので、自動で賢い分類をしてくれる、というmemotoの「クラウド側の分類機能」にはかなーり期待しています。

技術の進歩を考えれば、端末はすぐに時代遅れなものになってしまうのでしょうが、なんかまー「ライフログ」な本とかも書いたりしてしまっているので、これからこういう道具はどんどん試してレポートしていきたいなーと思っております。

参考

1日2000枚を自動撮影するクリップ型ウェアラブルカメラ Memoto – Engadget Japanese

Memoto – automatic lifelogging camera