Amazonチャージのプロモキャンペーンがアツい!

Amazonユーザーほぼ全員が対象の超お得キャンペーン。

ScanSnapのアンバサダー(大使)というやつになりました

DSC02498

7月2日に「ScanSnap SV600」タッチ&トライ Meetingというやつに参加させていただき、そこでScanSnapアンバサダー(大使)というやつに選んでいただきました。

イメージスキャナ | ScanSnap アンバサダー プログラム | PFU

「ScanSnap SV600」タッチ&トライ Meeting

イベントは、川崎駅前のソリッドスクエアという、なんか豪華なビルの中

DSC02478

ビル内に巨大な湖が広がるような、なんかすごいビル

DSC02480

「タッチ&トライ」というイベントということで、発売前のSV600がなんかいっぱい並べられておりました

DSC02485

文具王といしたにさんがなんかSV600の面白さについて色々語ってくれたり

DSC02495

らーめん春友流の手ぬぐい(今までのScanSnapではスキャン出来ない)とかをスキャンして遊んでみたり

DSC02498

文具王、いしたにトークの中で、いしたにさんが語っていた話が非常に印象的でした。

活版印刷が始まって、最初に変わったのは「家具」の世界だった。(パターンの印刷が出来る、ということで家具のデザインの仕方が変わった)
SV600についても、きっとメーカーが想定していないような使いみちがたくさん出てくるはず。
世界が変わるのは「ハードウェア」から。ハードメーカーは「今できる凄いこと」をどんどん進めて欲しい。

実際「非破壊自炊」が話題になっているSV600なんですが、これははっきりいって「クソメンドクサイ」作業で、やる気になれない。

SV600は、今現在みんなが想定していないような、なんかもっと便利で面白い使い方があるのだと思っています。

その後、懇親会が色々盛り上がったりしたんですが、

DSC02506

なんか今回は日帰りで帰ることにしていて、イベントが一番盛り上がろうとしたところで終電時間になってしまい、途中で帰宅。(なんかSV600がいっぱいプレゼントされたりしてたぽい)

イベントの途中で帰るのはこんなにも切ないものなのか、ということを思い知り、今後どっか行く時にはたっぷりと時間に余裕を持って参加するようにしよう、という決意をしたのでありました。

参考

「非破壊自炊」できるスキャナScanSnap SV600を触ってきました 実機レポや動画など | ごりゅご.com

イメージスキャナ | ScanSnap アンバサダー プログラム | PFU

この記事を書いた人

五藤隆介(goryugo)

愛知県在住1980年生まれ。

「仕事効率化」「ライフログ」「家族Hack」「デジタル情報共有」みたいなことを書いてます。

2014年に結婚して料理を覚えて、理系の料理という本を書きました。

年に1〜2回子連れで長旅をするようになり、新しく旅行・お出かけブログも作りました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします