THETAの機動力を上げるためにmonopodって一脚を購入した

2013-12-30-16.11.40.jpg
レビュー・紹介

THETAの機動力を上げるためにmonopodって一脚を購入した

全天球カメラRICOH THETAを購入以来、360度写真が楽しくてモロにハマっております。 そんな中、先日@sei_n […]

ツイートする
ブックマークする
Evernoteへ送る
あとで読む

2013 12 30 16 11 40

全天球カメラRICOH THETAを購入以来、360度写真が楽しくてモロにハマっております。

そんな中、先日@sei_nさんがTHETAと合体させて使っていた「一脚」を見せてもらったら、これが面白くて楽しくてぼくも真似して購入してしまいました。


THETAの撮影の幅を広げる一脚

購入したのはいわゆる「自分撮り」をする為の一脚。

セルフタイマーを使って自分にカメラを向ければ、誰でも簡単に自分撮りができてこれで一人旅も寂しくないよね!ってやつなんですけど、ぼくは純粋にTHETAを使うために買いました。
2013 12 30 16 10 53

本体はこういう「棒」
2013 12 30 23 52 48

底面には三脚用の穴もあります
2013 12 30 23 53 06

monopodの先端にもこの「三脚穴に挿すやつ」が付いているので
2013 12 30 23 53 35

こうやってTHETAを合体させて使用します
2013 12 30 23 54 39

いちおうこの「先っちょの部分」を曲げることも出来るんだけど、THETAにはそういう機構は必要なし!
2013 12 30 23 55 07

「まっすぐの棒」だから「写真に映り込まない」

THETA+monopodの良いところは、大きく3つ。

まず1つ目は、THETAはスマフォ連携することでスマフォからシャッターを切れるので、手元から離れたところにTHETAがあっても問題ない、ということ。

そしてもう1つは、THETAで撮った写真はEXIFデータに「向き」が残っているので、THETA本体がどういう方向を向いていようと「正しい向き」の写真が撮れるということ。

そして最後の1つは、THETAは「真下」だけは写らない(写真の処理段階で消える)ので、monopodをまっすぐに伸ばしてやればmonopod自体は写らないということ。

実際に、こういう格好で写真を撮ってみると
2013 12 30 16 11 40

THETAで撮れた画像はこんな風になります

[クリックで全天球画像ビュワーを起動]

ちょうどこの矢印の部分だけ消えてくれるんで、いろいろいい感じの写真になってくれるわけです
2013 12 30 16 11 40 6

こいつがあれば、すげー高いところの写真を手軽に撮れたり、大勢で円になってるところの中心から見渡すように写真が撮れた、ていうか自分がいないところでもこのmonopodをぐいーんて伸ばせばその周りの写真が撮れるわけで、THETAで遊べることが色々増えて楽しい感じです。

まだまだ当分THETAの全天球360°画像で遊べまくるぜ!

参考

シャッター1つで360°全部の写真が撮れるカメラ リコーTHETAの初日レビュー | ごりゅご.com