こどもの成長をかわいく残す!おひるねアートのやり方や簡単にできる材料

カメラ・写真 育児・子育て

こどもの成長をかわいく残す!おひるねアートのやり方や簡単にできる材料

自宅でお昼寝アートを撮影するときのポイントやコツをまとめました

最終更新日:2017年2月5日
ツイートする
ブックマークする
Evernoteへ送る
あとで読む

おひるねアート

こどもが生まれたら、やりたかったことのひとつが「おひるねアート」
もうすぐこどもの日で、息子ポン吉くんにとっては初節句!
ってことで、こいのぼりを題材におひるねアート写真を撮影してみました(`・ω・´)

おひるねアートとは?

寝相アートって呼ばれたりもするんだけど、赤ちゃん+αの写真のこと
いつもとは違った写真があると、見返すのも楽しいし記念にもなっちゃう(`・ω・´)

赤ちゃんに背景や小物をつけて撮影する、赤ちゃんと一緒に作るアート写真

「おひるねアート」で画像検索すると楽しそうな写真がたくさん
150429 画像検索

おひるねアートの材料

  • 手芸用フェルト(5色)
  • 手芸用わた
  • 新聞紙
  • こいのぼり付きお菓子

家にあるものだけでも十分できるんだけど
小道具があった方が、簡単にそれっぽくなるので
今回は予算1000円くらいで材料の買い出しへ

百均に行けばだいたいOK
ダイソーで手芸用のフェルトとわたを購入(648円)
150429 こいのぼり材料

スーパーでこいのぼりのお菓子を購入(302円)
150429 こいのぼりのお菓子

おひるねアートのやり方

撮影に必要な小道具をつくる
フェルトを切って、ボンドで貼り付けて、こいのぼりを作ったり
150429 撮影中4

新聞紙で折った兜にフェルトを貼り付けたり
わたを袋から出して雲の形にしたり

小道具が準備出来たら、赤ちゃんの場所を含め構図を決める
赤ちゃんの着替え+オムツ替え

袴風のロンパースは、お正月、お食い初め、初節句と結構活躍しました

そして、できるだけ高いところから撮影
150429 撮影中3

おひるねアートのコツ

  • 背景になる布とかカーペットがあるとキレイにとれる
  • 撮影は太陽光で(昼間の明るい時間帯に撮影する)
  • できるだけ高いところから撮影(真上からが理想)
  • とりあえずたくさん撮影しておく
  • できれば事前に構図を考えておく
  • 親子で楽しんで撮影する

赤ちゃんは小さいので背景になる布は1.5m×1.5mくらいの大きさがあれば十分で、、おうちにあるシーツとか布団とかでもOK(うちはリビングのカーペットが背景)

蛍光灯の光よりも太陽の光の方が自然で明るく、キレイに撮れます

赤ちゃんの負担にならないよう短時間で終わらすために、事前に画像検索なんかで「こんなふうに撮影したい!」っていう参考写真を探しておくとスムーズに撮影が進みます!

お昼寝アート – Google 検索

今回の撮影時間は1時間くらいで、撮影枚数は全部で170枚でした
150429 撮影中

ある程度失敗しちゃっても、いざとなったらPhotoshopで加工しちゃう、というワザもあります。

Adobe Photoshop & Lightroomの月間使用料を安く済ませる方法 | ごりゅご.com

我が家の写真は、カーペットの背景を改造して、山と空をPhotoshopで作りました。
おひるねアート

おひるねアートのまとめ

普段とは違った特別な写真になるので、後から見返しても楽しいし
ハーフバースデーや初節句などの記念撮影にも最適!
150429 撮影中2

撮影した写真で、カレンダーやフォトブックを作って両親に送るととっても喜んでもらえたよ(`・ω・´)

レター|お試し1通無料、両親が喜ぶカレンダーの便り
招待コード:WJEY8

フォトブック・フォトアルバム 500円 TOLOT
紹介コード「GCDQ4」で500円が390円に!